30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【Alfa Romeo】 4C ケモノ

 ほぼ盆栽と化している私のアルファロメオ4Cでしたが、初めて曲がりくねった道を駆け抜ける本格的なツーリングに出てその概念が180度変わるほどの衝撃を受けました。

所有して約半年、主な用途は買い出しと実家への往復くらいと一般的な自家用車用途として4Cを運転していまして、まあたまにカーボンスラッジを飛ばす理由で中回転くらいまで踏むことはあれど基本的には大人しい走りに徹していました。
それでもこの唯一無二なデザインに惚れ込んでいたから、運転出来るだけで幸せに思えたには確かです。

 それが一転、初めてワインディングロードを攻めてみたら全身の毛が逆立ち、身体の穴と言う穴からアドレナリンが放出されるような…かのふなっしーが叫ぶ梨汁ブシャーになったわけです。

小振りでセクシーなスタイルの4C、実はとんでもないスペックを内面に秘めた獣、まさにBeastでした。ダイナミックモードに設定し、シフトはマニュアル、ウインドウを全開にしてタイトコーナーひたすら続く人里離れた森林を駆け抜ける快感は人馬一体かそれ以上。もう本気でシートの上で溶けかけました。

トラクションコントロールで助けられているとは言えMRなのでコーナー脱出前に乱暴にアクセルを開けること無く、しかし次のコーナーに飛び込むまでの僅かなストレートでは2速で獰猛な加速に酔いしれ次の瞬間、今度は軽量ボディで際立つ抜群のブレーキング、パワーステアリング非搭載だからこそ路面状況が100%伝わって来るステアリングフィール、勇ましい咆哮のエンジン、タービン、ウエストゲート等々メカニカルサウンド、もう一般庶民独身の私にはパーフェクトでした。

f:id:kitobee:20190220081907j:plain

 アルファロメオ4Cはフェラーリランボルギーニアストンマーティンのようにお洒落なレストランやパーティー会場が似合うわけでなく、AMGベントレーのようなグランドツーリングが得意なこともなく、ベクトルとしてはロータスやケーターハムと同じライトウエイトマシンとしてこの手のSSを駆け抜ける悦びをドライバーに与えてくれることを実感出来て未だ興奮しております(笑)
もっとも私はへっぽこドライバーなので気分だけは最高潮でも走りは遅いんですけどね。
路面がそこまで良くない場所もあったので整流板のゴムはザシザシ擦りましたが。停車の度にバンパー下に手を入れて鼻っ面を擦ってしまっていないか半泣きになりながら確認しておりました。

 もちろん走ったコースは日本国内ですけど、必死に脳内変換をして「ここは欧州の峠道だ」と念じながら運転したわけです。

 過去に乗ったスカイラインGT-Rはカム交換などで420馬力の直線番長仕様だったし、それなりに車重もあったからここまでワインディングを楽しんだ覚えはありません。ここを走ってみて、きっとローバーミニやユーノスロードスターなども運転がとても楽しいんだろうなと思いました。これから気候も春に向けて良くなって行くわけですし、ドライブがより楽しくなりますね。

f:id:kitobee:20190220081930j:plain

この豊満なリアフェンダーはもはや芸術です(笑)


おしまい。

【Alfa Romeo】 4C お手上げ

 先週末から修理、点検、プチモディファイでディーラー入庫していた4Cを引き取りに行って参りました。悲しいかなストレスの塊になるとは知る由も無くorz

f:id:kitobee:20190216231411j:plain

ごめんなさい、これはもう愚痴エントリーになってしまいますが時系列に事象を追って行きます。

1. 2018年車検時に指摘したタイヤハウスインナーカバーの浮きを新車保証で交換してもらうと同時に、TCTの動作不具合点検及びデイライト化を実施してもらう。

2. 入庫に関して事前打ち合わせを行い、期間は2月11日の午後から入庫して2月16日の昼には完了、引渡しとする。但し何らかの事情で作業日程を伸ばす場合には必ず事前連絡するものとする。

3. 車検時の対応諸々によって当方は頭が味噌煮込みになるくらい沸騰したため、釘を指す意味であくまで丁重にクレームして今後の対応改善を約束した。


 で、2月16日まで何も連絡が無かったので当然の如く作業は順調に終わったと思うじゃないですか。
私のお世話になっているディーラーは県を跨いで通っているため、片道に高速道路を利用しても60分ほどかかります。通行料金だって4桁しますが、元々最寄りのディーラーと肌が合わないと感じたため今のディーラーを主治医にしたわけです。

金曜日の仕事を終えて帰宅しれば日付が変わって既に土曜日、でも早く私のロメ郎を迎えに行きたくて午前9時には出発し、ディーラー近くまでクルマを走らせました。一応の約束では昼までに納車としていたものの、もしお店着いてまだ洗車とかしていたらいけないと思いディーラーへ電話することにしました。このときの時間は11時50分です。電話に出たのは恐らく営業担当で、私の担当である工場長は接客中のため折り返し電話しますと言われました。

で、ワクワク折り返しを待つも、待てど暮らせどかかって来ません。やっと電話が来たのは12時45分、既に約束の昼を回っています。でも電話を受けた時は別にさほど気にしていませんでした。

工場長の口からは「まだ作業が終わっていない」と無情かつ思ってもいない返答が。さらに続けて「今日は納車が出来ない」と。

いやいやいや、マテマテマテ、え…えぇ~?!

何も連絡無かったからもうディーラーの近くまで来とんのだけど…

TCTはテスターでエラーが出なかったが、プログラム更新をかけるとのこと。ただそのバージョンが私の4Cにマッチングするかメーカーからの返答待ちなのだとか。
デイライト化は一旦スイッチまで配線を繋げたものの何故か一瞬点灯してまた消灯してしまうため、メカニックがインターネットなどで情報を探しているんですって。

ってなわけで全工程は本日中に完了出来ません、と説明されました。TCTについてはメーカーからの返答が今日来るけど、何時に来るか分からない、いざプログラム更新をかけても更新にどれだけの時間を要するかも分からない、要するに元からあかんやつやんコレ。

 いやね、私も物事が順調に進まないことがあるなんて30数年生きていれば十二分に分かっていますとも、そんなことでいちいちクレームしません。ただクレームとして言わなければいけないことは、私から「何かの事情で作業日程を伸ばす場合には連絡するように」と念を押しているにもかかわらず、何のアクションも起こさなかったことに尽きます。金曜日にでも、最悪当日の朝にでも連絡さえもらえれば片道60分と4桁の高速道路料金、ガソリン代を無駄にすること無かったのに。みみっちい話ですが、このお金で上等なランチが食べられますし、何より普段は仕事に追われる社畜にとって休日の数時間がどれほど大事なことか…。

 一応の工場長の言い分としては会議などが重なって対応が出来なかったそうでして、私が訪れる時間にも会議があったと話してくれました。まあ電話に出た営業担当は接客中だと言っていたから本当に会議だったにかすら怪しいですが。
でも、電話でもメールでも誰かメカニックに引き継ぎすればいいだけのことだと思うんですけどね。こちらも代金を払ってお願いしていることだから、あまり適当な事をされても困ります。

 まあ分かりやすく例えるなら、デートの約束をしてバッチリと服と身だしなみを整えて待ち合わせ場所に時間前に到着して、相手にテンションMAXで電話したらドタキャン喰らったってもんですわ。

 で、さらに事態はとんでもない方向へ…。重い口を開いた工場長…

工場長)これまでもご迷惑をお掛けしてしまい、これではいけないと思いまして…

私)うんうん

工場長)私、担当から外れます

私)ちょ、ナニソレ、えぇ~?

 さすがイタ車のディーラーと言うしかないのか、想像の斜め上を行く提案に開いた口をしばらく塞げず…いや私が求めるのは単純にホウレンソウだけですって、てか店と客の間でそれが唯一にして最大の信頼を築くべくアクションじゃないの???
百歩譲って担当を外れるはいいけど、それなら引き継ぐ新しい担当を同席させての話じゃないんかいともうツッコミ所がありすぎて…私そんなに無茶言ってますかね?

 もう話も前に進まないから全てこちら主導で提案んし、とりあえず4Cは作業未完でも引き取って3月に再入庫させることにしました。結局のところ代車のジュリアを借り続けても4Cを受け取っても、本日の無駄な時間と出費は戻って来ませんし(涙)

f:id:kitobee:20190217001027j:plain

そんなこんなで悶々とした週末にすっかり気落ちしたわけでしたとさ。


おしまい。

【Alfa Romeo】 Giuliaの私的総評

 代車としてやって来たGiuliaで市街地~高速道路のドライブをしてみた感想を備忘録を兼ねてここにエントリーしたいと思います。

f:id:kitobee:20190216223001j:plain

 一言で表せば「優しいクルマ」です。
ちょっとザックリしすぎた表現ではありますが、基本的にクルマとしての便利機能はフル装備であり、静粛性に優れた走り、尖っていないレスポンス、上質なレザーインテリア、豪華なサラウンドオーディオシステムなどなど、所有すれば日常使いのクルマとしてなら何の不満も出ない優等生であることです。

f:id:kitobee:20190216223726j:plain

ボディサイズは余程の袋小路に迷い込まなければ気にならない大きさですし、車内クリアランスも十分であります。

f:id:kitobee:20190216223855j:plain

トランク容量はほぼ平均的なセダンであり、必要に応じてリアシートを倒して奥行きを確保可能。前輪を外せばロードバイクも搭載可能でした。


 では、細部を見ていきます。

f:id:kitobee:20190216224050j:plain

空力を考えてなのか、ドアミラーには2本のラインが彫られています。ミラーサイズは後方確認しやすい大きめなものでした。死角の障害物を知らせるランプもミラー内で点灯します。

f:id:kitobee:20190216224339j:plain

ホイールは18インチ。タービンブレードのようなデザインをしていまして個人的にお気に入りです。ブレーキは4Cとの比較となるため参考にならないかもしれませんが、初期タッチが少し弱いかなと感じた事が数回ありました。

f:id:kitobee:20190216224537j:plain

インテリアですね。流れるようなダッシュボードの造形が素敵です。質感は全体的に高く、各ボタンのクリック感なども良好です。

f:id:kitobee:20190216224716j:plain

現行モデルとしては太めのAピラーと大きめなドアミラーで斜め前方には思いの外、死角が多いです。

f:id:kitobee:20190216224819j:plain

運転席から助手席側の眺め。変な突起などが無いため実際よりも広く感じられます。前席はどちらもパワーシート&シートヒーター搭載の極楽仕様。

f:id:kitobee:20190216225056j:plain

当たり前ながらバックミラーで後方視界もOK。この当たり前が備わっていないのが4Cです(笑)

f:id:kitobee:20190216225222j:plain

フロントドアはドアポケットがあります。金属製の細長いドアノブは非常に使い勝手が良かったですね。

f:id:kitobee:20190216225348j:plain

リアシートからの眺め。足元には結構な余裕がありましたが、小柄な人だと背もたれの形状が少しフィットしないかもしれません。座面クッションはかなり肉厚で座り心地が最高です。

f:id:kitobee:20190216225550j:plain

インフォメーションディスプレイは埋め込み式になっていました。ここでオーディオ、車両情報などを一括で閲覧出来ます。液晶解像度少し粗いかも?

f:id:kitobee:20190216225747j:plain

何より気に入った金属製のパドルシフト、操作感とクリック感がとても良かったのです。ただシフトダウンはタイムギャップがあって4Cほど積極的な使用は残念ながら出来なかったです。

f:id:kitobee:20190216225926j:plain

5,500回転からレッドゾーンに入るタコメーター、このクルマは低~中回転がスイートスポットであって高回転はそれほどの感動がありません。あくまで紳士的に乗るクルマなようです。


 と言った各部のショートレビューでした。ベンツBMWのような街中に溢れ返っている車種じゃないため、やはり注目度はそれなりにあるかと思いました。また田舎者の私が言うなと叱られそうですけど、乗っているとお洒落に見えるはずです(笑)

 少なくとも4Cよりは確実に助手席ウケは良いでしょう、これ間違いない。

f:id:kitobee:20190216230354j:plain

…こんな感じの総評でした。運転中もメーターに変な警告灯が点灯するわけでもなく、極めて優等生な現行アルファロメオでしたとさ。昔にディーラーで試乗した166はエンジンチェックランプ点いてたもんな…。


おしまい。

【Alfa Romeo】 Giuliaがやって来た

 やっとのことで我が家の4Cは車検時にお願いしていたタイヤハウスカバーの交換とデイライト化、TCTの点検に旅立ちました。恐らく私が車検時の不満諸々を漏らしたからか恐縮にも代車がジュリアになっていたので簡単で個人的かつ偏見的なインプレッションを。

f:id:kitobee:20190212062125j:plain

お借りしたのは見た目からしてジュリアスーパーってグレードかと思います。車格ではメルツェデスで言えばCクラス以上Eクラス未満って感じでして私が以前所有していたW210と取り回しが似ています。

 このクルマには2Lエンジンが収められていて8ATでスルスルと滑らかに車速を上げて行くあたり特にストレス無く街乗りも高速も良い仕事をしてくれます。もはや大きい排気量が偉いって考えは過去の遺物ですね、まあ私のような中年には未だに大きい事は良い事だと困った考えが消えませんが…。

ただ、刺激的な走りかと問えば答えはNo。とにかく終始優等生でありワクワクなど高揚する類いの誘惑は一切ございません。むしろフルレザーのインテリアから出る革の匂いとカーマンハードン(でしたっけ?)のサラウンドスピーカーでゆったりとグランドツーリングを堪能するクルマだと感じました。

f:id:kitobee:20190212063124j:plain

じゃあ欲しいかと聞かれれば?
このフルオプションの個体が中古で値段がこなれたら欲しいです。新車でと考えれば私みたいなにわかアルファロメオ好きにはちょっと高過ぎかな…。間違いなく良いクルマだけど、価格帯で他車を見るとあまりにライバルが多いです。

f:id:kitobee:20190212063737j:plain

 それでもクルマとしてはすごく好きです。まあ比較すること自体おかしいものの同じメーカーの4Cとは真逆の性格で運転は正に極楽。低速ではビックリするくらい軽くてヌルヌルなパワステは速度上がるにつれれドッシリした手応えになるし、何より静かな車内でオートエアコンとシートヒーターで完璧な温度を保ちながらプレミアムスピーカーからお気に入りの曲を聞けばそりゃあ快適ですよ。
4Cにはいずれの装備もありませんから(笑)

 やっぱ自分は最後に行き着く所はフェラーリやポルシェじゃなくてセダンなのかなって再考した1日でした。1週間お借りするから、仕事が早く終わればもう少しドライブしてみます。


おしまい。

【Alfa Romeo】 4C 稼働率の低さとオーナーのヘタれ具合

 私の4Cは不幸にも嫁ぎ先を間違ったのか屋根付き屋内保管とは程遠い環境に身を置いています。流石に雨風&紫外線をまともに浴びせる事は精神衛生上にもよろしくないので、カバーはかけているんですけどね。

 そんなカバーが4Cの稼働率を一層悪くしている事もまた事実でして。何でかと言えば…

1. 雨が降っていてカバーをめくれない。
2. 風が強くてカバーをめくれない。
3. 雨が降って来そうでカバーを掛けれないからクルマを使いたくない。
4. 雨は止んでいるけどカバーが濡れていてめくれない。
5. 深夜にカバーをめくっていると不審者に見られる為にカバーをめくれない。
6. なんか面倒でカバーをめくりたくない。

ホラ、こんなに色々な障害があるのです(マテ)

f:id:kitobee:20190210111846j:plain
雪なんて降った日にゃこんなんです。

 また、現状の住まいが駅近くで街には定期券で行けてしまうからガソリン&高速&駐車場のコストを考えなくて良いこと、徒歩圏内に大型スーパーが在ることなどからも、元々クルマの必要性があまり無い住環境だったりもします。

 あと極めつけはオーナーのヘタレっぷり。私の休日は正にこのイラストと同じです。

f:id:kitobee:20190210111546j:plain

なんか朝早く起きる割には外出するタイミングを逃して、気がつけばテレビはサザエさんが流れている不毛な休日…。

 これではいかんと今朝はグルッと10km程ドライブして参りました。2週間振りにエンジンかけた割には元気がよくて安心です。

f:id:kitobee:20190210112121j:plain

うん、写真も撮ったし満足。
で、気づけば30分で帰宅して、気づけば布団転がっている干物男子っぷりです。
では皆さんも良い連休を~。

おしまい。

【台湾旅行】 エアアジアジャパン初便で行く台北

 ただいま台北市内のホテルで満腹のお腹をさすりながらブログエントリーしております。

 さて、今回は年末旅行でお世話になったエアアジアジャパンが初の国際線を就航させたことで、会社に無理言って白い目を向けられながらも有休を取って、その初便に乗ったわけです。名古屋~台北は他の航空会社もこぞって便数を増やしている注目路線であったりもします。

 先のエントリーのように空港施設内のカプセルホテルで一晩を過ごし、極度のイビキと寝っ屁と乾燥に苦しめられ、さらに考えてみれば目覚まし時計も音の問題でセット出来ない修行のような環境下で寝られる筈もなく…結局のところ喉を痛めてほぼ寝れずで朝を迎えた次第です。

 さっさと搭乗ゲートまで移動して、初便の醍醐味と言われるセレモニーイベント見ることにしました。エアアジアさんは元気なことで有名で、ダンスパフォーマンスを披露してくださいましたよ。続いて社長、空港責任者の方々の挨拶後にゲートオープンとなりました。

f:id:kitobee:20190202233407j:plain
テープカットの瞬間。乗客よりも報道陣の方が最前列を占拠していたので間からパシャっと。

f:id:kitobee:20190202233626j:plain
CAさんのダンスパフォーマンス、イケメン君と美人さんがキレッキレの踊りをしてくれました。

f:id:kitobee:20190202233851j:plain
セントレアのマスコット、フーもいたし。一緒に写真撮りたかった…でも独り旅の30代後半一般庶民独身が横に並ぶ勇気を出せなかった…。

f:id:kitobee:20190202234112j:plain
で、ゲートに並んでですね…

f:id:kitobee:20190202234147j:plain
真っ赤な飛行機が国際線側のブリッジにスタンバってます。

f:id:kitobee:20190202234247j:plain
右の方がエアアジアジャパンの社長さん、真ん中の方は年末の北海道フライトでお世話になったCAさん:-)

機内アナウンスでも就航初便ってことをアピールしていて、それだけでも特別な気分にさせてくれます。今回はフライトが長いから予め足元に余裕があるホットシートを予約してあります。ただ元々の搭乗率がそこまで高くなかったのか周りのホットシートはガラガラでした。

f:id:kitobee:20190202234639j:plain
シートはこんな感じね、新しい機体なだけにシートクッションしっかりしていて心地よいです。

f:id:kitobee:20190202234754j:plain
機内食は追加オプションになり¥750也。BOXの大きさは6.5インチのスマホと同じくらいのサイズですから量は少なめであります。超空腹だと絶対足りないと思うけど、ダイエットを決意した私には丁度良かった…でもやっぱ足らないですorz

f:id:kitobee:20190202235116j:plain
台北の空港到着後は初便なので消防車から大放水のアーチをプレゼントされてゲートに入りました。

f:id:kitobee:20190202235301j:plain
フライトログブックも書いていただけました♪
多謝:-)


さてさて、台湾は2016年以来2年半振りになりまして当時は無かったMRTが台北駅まで運行しています。これで空港バスに乗る必要が無くなったばかりかMRT内では30分の無料wifiも使えてめっちゃ便利です、旅行客に優しい街台北であります。

f:id:kitobee:20190202235629j:plain

f:id:kitobee:20190202235721j:plain
こちらは旧正月目前でデコレーションがここそこに見られました。

f:id:kitobee:20190202235838j:plain
とりあえず昼食は東門にある牛肉麺屋さんに決定。お肉てんこ盛りで栄養満点。ここで相席した方がたまたま日本人で沖縄から来たとのこと。美味しいお店情報など教えてもらいました、多謝:-)

f:id:kitobee:20190203000138j:plain
腹を満たしたら運動がてら台北松山空港の10エンドに行ってみます。ここは大阪伊丹空港みたいに滑走路ギリギまで行けてヒコーキ好きの聖地なのです。この写真も100mm程度のレンズでこの迫力、真上を通過する瞬間は超広角が必要です。

f:id:kitobee:20190203000419j:plain
パイロットの顔もバッチリ分かります。

f:id:kitobee:20190203000452j:plain
日本ではとうにリタイアしたMD83だってまだ現役ですよ、たまらんです。

f:id:kitobee:20190203000558j:plain
ここでは大型機の部類になるB787主翼のしなりがすごい♪

f:id:kitobee:20190203000709j:plain
記念写真を撮る人がいっぱい、嗚呼10年前に戻りたい。


 そんなわけで結局のところ初日は空港エンドに張り付いて終わってしまった訳です。
ここからは士林夜市へ。買い食いへと出掛けます。

f:id:kitobee:20190203001011j:plain
恐らくこの士林夜市で一番有名な巨大チキンのお店。70元で食べれます、安い!!
でもお店のおばちゃんは超怖いですよ、さっさと注文(個数と唐辛子パウダー要るか否か)をしないとどやされます(笑)

f:id:kitobee:20190203001257j:plain
こんな感じ、大きいけどペロッと食べれちゃう美味しさにビックリ、しかも油に弱い私が奇跡的に油に当たらなかった♪

f:id:kitobee:20190203001447j:plain

f:id:kitobee:20190203001509j:plain

f:id:kitobee:20190203001541j:plain
あとは適当に散策。所詮お一人様だとシェア出来ないから食べれる品数にも限界があります…。

f:id:kitobee:20190203001651j:plain
〆はマンゴーかき氷で。相変わらずの爆盛りで8割方食べたところでギブアップorz


 2日目はホテルの朝食ビュッフェでしこたま食べて速攻でお腹下してスタートです、なんでやねん…
。それでも食い意地だけはあるのが悲しいところ、小籠包を食すため開店の9時目掛けて外出開始。

f:id:kitobee:20190203002058j:plain
うん、お腹ゴロゴロでも間違いなく美味しい(笑)
結局のところ小籠包10個、ラーメンと餡まん2個を平らげてしまいダイエットは一時休戦にしようと都合の良い孫悟空のようなセリフでゴールポストを動かしました。

 でもやっぱり速攻でお腹下して…でもやはりトイレは綺麗な所でと泣きながらSOGOデパートへダッシュ。警備員に開店は11時だと一蹴されるもemergencyなんだと内股でジェスチャーしたらトイレ使わせてくれました、もう台湾人すっごい優しい。と、トイレで感謝と腹痛に涙しながら籠ったわけです。
飲み物の氷ででも当たってしまったのでしょうか。

f:id:kitobee:20190203002614j:plain

f:id:kitobee:20190203002638j:plain

f:id:kitobee:20190203002657j:plain

f:id:kitobee:20190203002717j:plain
せっかくだから1062系統のバスに乗って九份も来ました。昼だから大丈夫と油断していたけどすっごい人手です。メインストリートは延々と前に進まずまるで牛歩。

 まあ写真も撮ったしと滞在30分くらいで台北へど折り返します。これ夜来たら帰宅難民になりますわ。


 今度は士林夜市の地下鉄挟んで反対側にある劍潭山にトレッキングへと繰り出します。今回の旅行は滑走路エンドまで歩いたり、九份で降りるバス停間違えてしまって日光のいろは坂か群馬の碓氷峠並に勾配がきつい坂道を何kmも登ったり、トレッキングしたりと超健康ですよ。

f:id:kitobee:20190203003639j:plain
コレを撮るためにな。カメラ機材をリュックで背負って1月とは言え20度オーバーの中での石段登りはゲロ吐くほどにキツかった。次回は無いなと確信しました、もう足が生まれたての子馬のごとくプルプルしてるし。

f:id:kitobee:20190203003935j:plain
でも写真としては大満足。


 で、帰りにまた巨大チキンを買って、台湾と言えばタピオカティーを飲んで、ホテルでフカフカのベッドに転がりながらやっとブログ書き終えました。スマホからのエントリーはやっぱミスタイピングの嵐で辛いですわ。

 明日は春節大移動で空港が鬼混みに違いないので、朝一でチェックアウトして観光無しで帰国します。そんなこんなの台北旅行でしたとさ。


おしまい。

暫定 明日から台湾

2年半振りに台湾へ行って参ります。
住まいからだと始発でも飛行機に間に合わないので、仕事を奇跡に近いような時間に切り上げてセントレアの空港ビル内にあるカプセルホテルで前泊します。

f:id:kitobee:20190131225412j:plain

人生初のカプセルホテル、なんか秘密基地みたいで永遠の17歳な心を持つ独身中年の心を鷲掴みにしました。
が、周りからのイビキの大合唱で早くも挫折しそうです…。

f:id:kitobee:20190131225602j:plain

今回は就航初便に搭乗します:-)

f:id:kitobee:20190131225657j:plain

3時間弱で名古屋から台北までひとっ飛び。


f:id:kitobee:20190131225809j:plain

今日取り扱った荷物が乗った飛行機を見送りながら、さて寝るとしますか…。