30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【SUBARU】 WRX S4へと乗り換えるにあたっての妄想

 現在の愛車メルセデスベンツW210からSUBARUWRX S4(初期モデルのA型)へと年末にシフトする予定で話が進んでいる中で、一番肝心な私自身の心にはまだ松田聖子が比喩した『ビビビッ』ってな衝撃が走らないんですよね…。まだ漠然としていることに加えて、どうしても必要で乗り換えする訳では無いために心の準備がまだまだなのだと思います。

 そうとは言えども、2001年式から2015年式へと一気にジャンプアップするわけですから走りはもちろんのこと先端技術も満載なS4を手にすることが出来ることに感謝しなければなりません。このWRX S4にはアイサイアトなどの安全装備がインストールされていますし、今まで私が乗って来たクルマ達とは全く異なる性能を発揮してくれるのでしょう。そんなこんなでネットでチョコチョコとネタを調べ始めました。

f:id:kitobee:20170729031058j:plain

 私が手にするグレードは『gt』なのでホイールの色がガンメタリックになりますが、後はこのイメージに近い仕様っぽいです。A〜C型は如何せんフロント周り『だけ』がゴチャツイている造形が個人的にマイナスなのです…。ここまで派手にするならばもっとサイドのプレスラインを際立たせるとか、リアフェンダーをフロント同様にモッコリした感じにするとかあれば良いのに。

f:id:kitobee:20170729084941j:plain

 今回のビッグマイナーチェンジでD型はフロントバンパーの下部が特にシェイプアップされましたね、これなら良いなぁ、でもウインカーがバンパーからヘッドライト内部に移動しているからバンパーのみのポン付けは無理っぽいです。
 チョロっとネットで検索をかけてみたところ、社外品でスモークタイプのフロントウインカーが出ている様子なので、行く行くはそれで対応してみましょうか。

f:id:kitobee:20170729085815j:plain

 リアは確かウイング無しだったはず。WRXつながりで言えば『涙目インプ』までのリア周りが一番好きでした。どことなく日本車っぽく無い独特な印象だったのですよね。比較するとS4は大衆化してしまった気がして寂しいです。スポーティな見た目を意識したのでしょうが、F1みたいなリアフォグって必須だったのでしょうか。4本出しマフラーも…多分まだ私がクルマ小僧真っ盛りな20代だったならばこの手の演出は大好物だったものの、30代半ばのオッサンに成り下がった今となっては『本当にそれ必要なの?』なんて保守的になってしまいました。このリアフォグも社外品でスモークタイプがあるっぽいため交換候補です。あと、フィンタイプのアンテナでスタイリッシュにしたいのであればリアワイパーはシルエットの邪魔になるだけです。熱線ガラスで頑張って欲しかった…。納車されたら取っ払う可能性大です。

f:id:kitobee:20170729090615j:plain

 本当に惜しいリアフェンダー。歴代のWRXではもっともっとモッコリ感あるラインを描いていました。フロントフェンダーとのバランスが取れていないのです。片側もうあと2cmでも張り出していたら…。ここばかりは後からでは何とも換えようが無いものです。

…と、一見すればネガティブな妄想オンパレードですけど、それを社外品で払拭しようとしているあたりに心の底では納車を楽しみにしていることにも気付かされました。現車のW210では本当に何もいじらずにフルノーマルを貫いて乗って来ましたが、今度のS4では小銭で何とかなる部分については少しだけ自分色にしてみようと思います。あとはLEDナンバー灯に換えるなどでしょうか。

f:id:kitobee:20170729091538j:plain

 一瞬だけ、S4を速攻で下取りに出してしまってインプレッサWRXのAラインに乗り換えようかとも妄想していたりしました。こちらは2.5Lエンジンで不等長エキゾーストパイプを採用しているためドロドロサウンドが楽しめる最後のモデルとなります。それに加えてデザインもこちらの方が好みですし、グレードによってはタンレザーシートのモデルもあるみたいです。結論としては、同じ車種でわざわざ年式を下げて燃費改悪や排気量での維持費増をすることも無いかと却下しましたが。

 納車予定日まであと4ヶ月、もう少し勉強してみることにします。