30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【お散歩名古屋】 第20回名古屋モーターショーに行ってみる

 クルマが3度の飯より好きだった10代、20代の若かりし頃はモーターショーがとても身近なものでありました。と言うよりも、今から10年、いや20年前はもっとワクワクするようなコンセプトカーを各メーカーが競い合ってお披露目していたように思えます。今日となっては逆にクルマ離れが深刻化している中で顧客を呼び戻そうと保守的、現実的なモデルに特化してしまったモーターショーに変貌してしまったように感じまして、しばらくご無沙汰しておりました。ただ、名古屋モーターショーは会場が『金城ふ頭』と呼ばれる名古屋港の端っこでありまして、職場から比較的近いことから定期券を使って公共交通機関で行けるため久しぶりに足を運んでみることにしました。

f:id:kitobee:20171203141940j:plain

 今回のお目当てはSUBARUブースとアルファロメオブースの2点のみ。前者はS208を生で見てみたかったこと、後者は4Cが展示されるとネットの情報で確認したからです。私は初日の開場と同時にイベント会場へ雪崩れ込んだのですが、S208に関しましてはシートへ座ることが出来たために速攻で人集りが出来ていました。画像のようにSUBARUのスタッフさんがドアの開閉をしてくれます。海外からの来場者も多数見られました。そして他のスタッフは来場者がクルマの何処かをペタッと触ろうものならすぐさま磨き上げていました。奇麗に保つためなのか、触らせないように牽制しているのか…。

f:id:kitobee:20171203142459j:plain

 リアウイングはカーボン製のようでして、端板にはS208の刻印が入ります。これはしっかりとエンボス加工された上でペイントしてありましてステッカーなどではありませんでした。しかしこのカーボンウイング1本で中古のロレックス3針モデルが買えてしまうと思うと恐ろしいです。尤も価値観の問題ではあるのですがね。

f:id:kitobee:20171203142756j:plain

 ウイングはともかくとして、このリアサイドに設けられたダクトは個人的に気に入りました。フロントフェンダーのダクトとのバランスが取れていて締まった印象です。サードパーティからこのダクトは販売されているようなので、私のSTIも気持ちと予算に余裕が出来たら装着してみても良さそうです。あ…いかんいかん、昔のクルマいじりの悪い癖が出てきてしまいそうです。

f:id:kitobee:20171203143037j:plain

 SUBARUのコンセプトカーであり、時期WRXへの第一歩となるモデルです。ここからどれだけ平凡化されて市販モデルになるかは全く想像がつきませんが、せめてこのフェンダーのふくらみは残して欲しいですね。

f:id:kitobee:20171203143340j:plain

 フェンダー頂上部にありますELマーカーはSUBARUコンセプトカーのお気に入りのようです。戦闘機の編隊灯を意識したものかと勝手に推測しています。奥に見えますS208と同じくして控えめなボディカラーを持って来ましたね。私が滞在した短時間のうちではS208がSUBARUブースの人気を独り占めしていまして、このコンセプトカーの周りはほとんど誰も居なかったです。

f:id:kitobee:20171203143909j:plain

 リアのデザインはかなり雑然としています。MAZDAの流線美とは真逆を狙ったガンダムチックなエクステリアに徹しているのでしょうか。これがBRZのようなWRブルーだったらまた雰囲気も相当違ってくるのかもしれません。

f:id:kitobee:20171203144310j:plain

 SUPER GTに参戦しているBRZです。黄色いヘッドライトだからGT300の方ですね。密かにWRX STIのNBR参戦車両の展示を期待していたものの、よく考えたら今年の車両は火災でリタイアしているから無理でしたね。しかしこんな人気車両でもほぼバックをクリアに撮影出来てしまうあたり他のメーカーと比べて魅力が少なかったのか、それとも先日の不正問題で関心を持ってもらえなかったのか…

 …と思っていたら、ものすごい勢いで『フルサイズ一眼+大口径レンズ+ストロボデュフューザー』のフル装備を担いだ野郎ども…もといもののふどもが押し掛けてきました。いや本当に押し飛ばされました。私は全く情報を仕入れていなかったけれども、どうやらRQが定期的に登場してポーズを取ってくれる様子です。

f:id:kitobee:20171203145152j:plain

 一気に漢の壁が出来上がりました。しかし皆さんのアグレッシブさには驚くばかりです。RQのモデルさんに立ち位置やポーズを細かく要求していまして、あそこまでの気迫を仕事なんかで発揮出来れば出世街道間違い無しと思うくらいの情熱を押し飛ばされた隅っこから見させていただきました(笑)

f:id:kitobee:20171203145554j:plain


 正面よりもサイドの方が立体感があるかなと…。と言うか鉄壁が厚すぎてとてもじゃないですが正面に回ることは出来ないです。皆さんの鬼フラッシュのお陰か、私のストロボ無しのカメラでもしっかりと光量が足りておりました。

 …と言った感じで1時間半ほど駆け足で見て回りました。アルファロメオの4Cは思っていたよりも遥かにコンパクトサイズでペッタンコの車高でした。乗り込んでみたかったのですが、こちらはチビッコに大人気すぎて長蛇の列…しかもあの太いカーボンフレームで乗り降りが難しいみたいでチビッコたちがあまりにガシガシとカーボンを蹴ってしまうため、終いには一時的になのか施錠されてしまいました、まあ仕方無いですよね。あ、開場時にSKE48松井珠理奈さんがアンバサダーとして入り口に登場していました。こちらも周りには人の壁が出来上がっていたため見事にスルーしましたが、ファンにとっては公式に写真撮影が出来る貴重な機会だったのでしょう。

 モーターショーは隔年で行われるはずだから次回は2019年、どんなクルマが世を賑やかすのでしょうね。また機会があれば行ってみようかな。


おしまい。