30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【日々徒然】 趣味とは。

『趣味』とは…。

  1. 人間が自由時間に、好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、事柄やその対象のこと。道楽。
  2. 物の持つ味わい・おもむきを指し、それを観賞しうる能力をもさす。調度品など品物を選定する場合の美意識や審美眼などに対して「趣味がよい/わるい」などと評価する時の趣味はこちらの意味である。
    (Wikipediaより)


私も趣味はたくさんありました、それはどちらかと言えば『お金』と『時間』の両方を必要とするものでして(例えばアウトドアであったりツーリングであったり)、自身の自由時間が極めて少なくなった今は『お金』を用いて欲を満たす方向へシフトしてしまったように思えます。とは言えごく一般的な年収のしがないサラリーマンで今後の人生のことも早急に決める時期な故、あまり無駄遣いは出来ません…。
なのでここ数年で断捨離を実行してみた次第であります。

①断:入って来る要らないものを断つ。

今までは結構な勢いで雑誌を揃えていました。買うと決めた月刊誌は特集が興味の無い物でもなんとなく惰性で購入しましたし、イヤーモデルで登場する限定品なども『今後もう手に入らないんだしいつ買うの?今でしょ!』と誘惑に負けて買っていました。
この無駄を失くすため、基本的に雑誌は保存版の特集で無い限り一切の購入は廃止、限定品に関しても吟味に吟味を重ねてそれでも欲しければヤフオクなどの中古品で探すことに切り替えました。

②捨:家にあるずっと要らない物を捨てる。

引っ越しを機にかなりの物を捨てました。また今は便利な買い取り屋もあるため、本と雑誌、CD、DVDは二束三文でもブックオフで処分。家電製品もハードオフで処分。逆に必要で新規購入する家電は基本的にリサイクル品(保証付きのもの)、家具も中古もしくはアウトレット品で済ませています。

③離:物への執着から離れる。

いつか使うかもしれない…と思って仕舞い込んでいた衣類はユニクロなどに設置された寄付BOXへ投入、どこかの国で再利用されていることを願います。
が、この離が私にはとても難しいのです…物欲とはまるで悪魔のように私に襲いかかってくるわけでして。なので今度はその欲しい物が将来的に売却でペイ出来るか否かに焦点を合わせて物事を決めるように心がけています。以下は私の未だに悟りを開けない物欲の嵐の一例です。

f:id:kitobee:20171217142130j:plain

トミカ
実のところ集め始めたのはごく最近だったりします。恐らく誰もが知っているであろうこの『トミカ』、昔は日本製でしたがあるタイミングで中国製になりまして現在はベトナム製なのです。中国製になった頃からディティールが異様にモッサリしてしまって興味の対象から外れていたものの、最近『トミカプレミアム』の名でハイディティールなモデルが登場したことを知り試しに買ったが最後…結局はノーマル版のトミカにも手を出してしまいました。1台が定価でも¥400〜¥800くらいで毎月新車が登場するのが悩ましいところでして、それに合わせて当然ながら廃盤が発生するからつい気になって気になって…。
で、この収支としてはトミカの『初回限定版』及び『特定の車種が廃盤になった時』には中古品でも値段が跳ね上がる事例がある点が挙げられます。それは例えばシリーズの中でもスーパーカーに値するランボルギーニなど。尤も上で書きましたよう1台あたりの単価は安いので毎月何台も購入しなければお小遣いの範囲内で十分にやりくり出来るけれど、将来的にいざ処分するとなっても車種さえ間違わなければヤフオクなどで買値くらいでは売却出来そうです。

f:id:kitobee:20171217143008j:plain


②1/43モデル
クルマのスケールモデルとしては恐らく一番ポピュラーであろうものです。世界中にメーカーが存在していまして、自家用車からレースカー、トラックまでリリースされています。私は以前から『ミニチャンプス』か『エブロ』の2メーカーのみ集めています。好みの問題ですがこの2社はディティールがかなり細かく出来が良いと感じます。10年くらい前まではGTカーでも1台¥3,500くらいでしたが、今は倍の¥7,000が相場で高いと¥10,000まで行くものもあり残念ながらもう気軽に手を出せるものでは無くなりました。欲しいものは専らヤフオクで地道に探すしか無いです。ただ置き場の問題もありまして1/43モデルは現在お休み中であります。定価で購入した場合、売却時には一部のプレミアモデル(過去ですとSUPER GTのR34 GT-R NISMO23号車)が高騰する以外は買値の半額行けば良いくらいでしょう。

f:id:kitobee:20171217143947j:plain

③1/400モデル
今度は飛行機になります。クルマの1/43と同じくして飛行機のスケールモデルの中で最も一般的なサイズがこれ。それでも大きな翼を持つ飛行機なので意外とディスプレイするには場所を取ります。私は基本的には『GEMINI JETS』しか購入しません、と言うのもこのメーカーのみが胴体から翼まで全て金属製でして質感が素晴らしいのです。他メーカーですと翼がプラスチック製になりまして少し見劣りします。こちらも定価は¥7,000程度と趣味で集めるには高額であるためヤフオクで粘ります。現在20機ほど所有していましてこちらも当分は一休みの予定です、もう飾る場所もありませんし…。
ヤフオクで見ていましても人気が出るエアラインは限定されているため、ほぼほぼヤフオクでの落札金額もしくは若干のプラスで同じくヤフオクにて売却出来るかと思います。

f:id:kitobee:20171217144905j:plain

そんなオタクな私に彼女がエミレーツのオフィシャルストアで購入してくれた1/200モデルです。さすがに存在感抜群であります!

f:id:kitobee:20171217134335j:plain

④アイウィア
はい、メガネです。私は年中メガネをして生活していますため必需品の類になります。が、フレームには強い拘りがありまして所有するメガネの半数以上は『JAPONISM』と言う国産メーカーです。メガネが重かったりサポートが悪いと非常に不愉快かつ下手をすると頭痛を引き起こすため、これは高額でも自分にフィットするものを選ぶことを最優先にしています。但し一度購入したフレームはレンズを作り替えて長年使うなどしていますため、そこまでの金食い虫だとは考えていないです。最近はフレームのポリッシュをお店でしてもらってリフレッシュさせました。

f:id:kitobee:20171217145642j:plain

⑤筆記具
これはもう完全に趣味の世界です。正直なところ私の職種では別にお客様と契約書を交わす訳でもないのでペンなど100均のもので十分でして、まあプライベートで手紙を書く際などに使う程度です。『モンブラン』で統一していましてオレンジのペン以外は作家シリーズと呼ばれる限定品です。こちらもヤフオクで中古品を購入しています、もうヤフオク様様ですね。箱付きの美品を購入しまして自宅でもペンケースに入れて保管していますため良好な状態をキープしております。こちらに関しましても限定品が故、売却時には購入金額同等もしくはタイミングによっては若干の上乗せで売却が可能かと考えています。

f:id:kitobee:20171217150111j:plain

⑥腕時計
これが一番の沼です、もう抜け出せません…。
私は専ら『ロレックス』を愛用していますが、それは所有欲を満たしてくれてある程度のステータスアイコンとして用いることが可能であり、またリセールバリューも他ブランドと比較して飛び抜けて良いのが特徴です。ただしロレックスは俗には実用時計であり高級時計とは異なります。時計の値段はまさに青天井でして本当に高いものは数千万円するものも存在します。その点ロレックスは¥500,000程度からエントリーモデルが用意されているため時計ブランドの中では比較的フレンドリーなのです。
が、注目すべきは今日のスポーツモデルの価格高騰です。これは日本国内の中古市場に出回っている時計が海外へ一気に流れ出てしまっていることが要因の一つでして、ここ1年で中古市場が3割〜5割も跳ね上がったモデルもあるほどなのです。そう思うと資産の一つとして保有するのも決して間違っていないと思います。
この画像にありますExplorer1とGMTマスターはどちらも既に買取金額が購入金額を上回っていますし、青サブ(バイオレット文字盤)も時間の問題だと勝手に皮算用しています。これからも『5桁』と呼ばれるスポーツモデルは高騰を続けて行くと予想されていますため、決断は急いだ方が良いでしょう。と言うことで本当にお金に困ったら私が所有するロレックスは購入金額同等もしくはそれ以上で売却可能です。

…如何でしょうか。例えば衣類や靴、一般的なクルマ(除くスーパーカー)は購入と同時に価値は下がり最後は¥0になってしまいますが、嗜好品は吟味さえすれば最小限の支出もしくは逆にプラス収益でリリースすることも可能です。金額計算ばかりしていると趣味として楽しめないかもしれませんが、それでも一般市民独身の私にとって趣味におけるリセールバリューは非常に重要なポイントなのです。
変な話、お金を持っている人はもっとお金を引きつけます。と言うのは良い物を持ち良い価格で売り、また良い物を買う…と好循環を繰り返して資産を増やして行くのでしょう。極端な話、限定モデルで登場した¥50,000,000のスーパーカーを¥100,000,000で売り抜けるなど。国産車でもそれこそSUBARUのS208などは車庫保管して数年寝かせればきっと定価以上に化けますしね。『安物買いの銭失い』って言葉はあながち間違っていないと思い知らされる世の中になったものです。

何が将来的にプレミア価格になるかは『運』はもちろんのこと、常に市場の動向に敏感に察知する洞察力と探究心が必要です。そのような情報収集もまた趣味の一つなのかなぁと思った師走の日曜日でしたとさ。このブログをエントリーしていますPCは2010年に留学先のカナダのトロントで急遽購入したMacBook Proで、そろそろご臨終っぽいですが今日も再起動をかけつつ騙し騙し使っているのです。


おしまい。