30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【ロレックス】 16610lvの動向が気になって仕方が無い

 いきなりこんな出だしで申し訳無いのですが私は元々ロレックスのサブマリーナーが大嫌いでした。
理由は2点で
①あまりに多くの人々が使っている。
②自身がダイビングをしないので機能的に必要が無い。
まあ②は趣味の世界なので別としまして、①はどうしてもビジネスシーンなどでは色物やコンビはたまた金無垢は使い辛いからだとは察していました。ただその考えも16613の青サブを手に入れてから一変しまして、今では手持ちのロレックスの中で1本だけ残すならと考えたらこの青サブだと言い切ってしまいます。視認性はもちろんのことリューズの大きさがEXP1やGMTと比べても大きいため使いやすいのです。6桁サブはまだ腕に乗せたことがありませんけれども5桁は私の細めな腕でもしっかりフィットしてくれて本当に使い勝手がよろしいです、今まで嫌っていてごめんなさい(笑)

 さてさて、前々からずっと気にしていますグリーンサブこと16610lvですが昨年からの値上がりが恐ろしいですね。昨年対比で40%の相場上昇とか頭がおかしくなってしまいそうです…。あの時に買っておけば、今からでも遅くないなどなどの想いが頭の中を錯綜してついにはネットで調べていた個体をお店まで確認に行って来ました。

f:id:kitobee:20180210152537j:plain

(左) M番の保証書、箱付き ¥1,430,000
(右) F番の箱付き ¥1,798,000

お店の方にお願いして写真を撮らせてもらいました、こうやって左右で並べて比較検討出来るのは店頭へ足を運んだ醍醐味でもありますし、そもそもフラット4、ビッグスイスの個体自体が滅多に市場に出回らないため貴重なショットでもあります。

昨年は同条件で左のM番が他店で¥1,080,000、右のF番がやはり保証書無しで¥1,480,000でした。実質半年ちょっとで¥300,000以上の値上がりをしています。嗚呼あの時無理してでも手に入れておけば半年で既に売却しても損しなかったのにと悔やんでも悔やみきれません。これと同じ状況が2018年末に起こり得るのでしょうか…。と思うと今からでも手に入れて遅くは無いなんて妄想してしまいます。

f:id:kitobee:20180210153025j:plain

写真だとあまり差が無いようでもやはり右のフラット4はベゼルの色がライムがかっていました、正直なところ手に入れれるのであればどんなグリーンサブでも大満足出来るでしょう。印象としましては訪問時に着けていた16700GMTマスターよりは控えめな感じですね、やはり赤青ペプシカラーはインパクト強いです。

 こぼれ話&備忘録として…。
実は時計の入れ替えを狙って16700GMTマスター(赤青ベゼル)を査定してもらいました。このお店と、他店ネット査定でそれぞれの値段は以下の通り。

商品:16700 GMTマスター 赤青ベゼル
型式:A番 並行品(国番号413 韓国)
付属品:箱、保証書、赤タグ、冊子、カレンダーetc、黒ベゼル

店頭査定額 > ¥840,000(下取の場合は¥850,000)
ネット査定額 > ¥880,000(イベント中につき)

ちなみにネット査定では以下の文言もありました。
・日本正規品(要するに国番号410日本)日本語の保証書な場合は¥190,000マイナス
・ブレスがシングルバックの場合は¥80,000マイナス
流石に保証書の¥190,000マイナスは誤表記で¥19,000なのかなとは思いますが、仕様によってえらく査定に差が出るものですね。結局は売却しての買い替えは思い止まりましたが、今後も5桁スポーツモデルの値上げは必至なので、所有して楽しむと共に資産として買うのも一つの手ではあると実感しました。


おしまい。