30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【ロレックス】 拝啓 16610LV様

 2009年に百貨店で16610LVグリーンサブと116400GVミルガウスの2点で壮絶に迷った末に手にした後者のミルガウスさん、とても良い時計なのは間違い無く未だに外出先で誰かと被ることのない時計だったりしてお気に入りの1本であります。が、心の片隅ではグリーンサブもずーっと引っかかっていたのは事実です。但しこの近年でロレックス(特にスポーツモデル)中古市場の相場は異常な値上がりを続けて未だに落ち着く気配すらありません。ただでさえ生産期間が7年とロレックスの中では短命なグリーンサブは日本からどんどん海外へと中古在庫が流れてしまっていまして(特に中国ではグリーンは縁起が良い色として注目されているそうです)数年前と比較すると店頭に並ぶ数がかなり減りました。それと同時に良質な個体を見つける事がとても難しくなってしまっています。

 と言うわけで

f:id:kitobee:20180224232350j:plain

 いらっしゃいませグリーンサブ様。
いやね、もうこうなって来ると趣味と同時に投機ですね…。ただこの16610LVは『極上』のものを手にすることが出来ました。以前からとてもお気に入りのブロガーさんが時計屋さんを始めまして、そこのお店で委託品として出たものを速攻でHOLDしてもらったってわけです。既に1名の先客が居たようで私はキャンセル待ちになったものの、どうやらその方が購入を断念したようで私にチャンスが廻って来たって寸法です。こうなればもう即決でした。

 昨年末くらいからの価格帯を色んなお店のHPからトラッキングしていまして付属品無しの時計本体だけでも軽く¥1,000,000を超えてしまい、箱と保証書が付いたフルセットだと最低でも¥1,300,000オーバー、高年式のコンディションが良い個体においては¥1,500,000近くまで伸びて来ています。それこそデイトナをも抜き去ろうとしないばかりの価格帯まで上り詰めてしまったグリーンサブなのでした。

f:id:kitobee:20180224233221j:plain

 店舗が東京にありますため現物を見ずにネットで注文、ゆうパックで送られて来ました。ここまでの金額のものですので普段なら絶対にやらない方法です。ただ上でも触れたようにこのお店の経営者さんが書いているブログから売られている時計のコンディションの良さは確信していましたため特に不安も無く信じきってのお買い上げなのでした。梱包状態OK、取扱ラベルもアタッチされていて丁寧な仕事ぶりが伺えます。

f:id:kitobee:20180224233503j:plain

 開封の儀、開けるといきなり時計が鎮座していました。これは私が購入時にブレス調整をお願いしてコマを減らしてもらったために内箱の枕にダメージが入らないよう敢えて箱から出した状態で梱包してくださっているのです。もちろん事前に説明のメールも来ていました、流石です。

f:id:kitobee:20180224233645j:plain

 こんな感じの梱包です。冊子はまとめてビニールポケットに、時計はスポンジの枕を当てて硬質ビニールケースに入れてありました。良い仕事していますね!

f:id:kitobee:20180224233931j:plain

 こちらが付属品を含めたフルショットです。冊子はもちろんのことレッドタグ、保証書、正規品の裏蓋シール、さらにはベゼルケースと日本ロレックスの案内用紙まで揃った『完品』です。さらにお店曰くケースなどは未研磨で前オーナーさんも2007年に購入してから恐らくほとんど使わずに眠らせていた様です。今回の購入に至るまで数十本の16610LVを店頭で見て来ましたが、どれも必ずケースに打ち傷やベゼルにスクラッチが見られたのでここまでの美品は初めてです。

f:id:kitobee:20180225075336j:plain

 16613と比較してみるとケースの研磨具合が分かります。16610LVはエッジがしっかり立っていて俗に言う『バキバキ』です。16613は私の一番のお気に入りなだけにケースの痩せに少しだけ悲しくなった瞬間でした(笑)

f:id:kitobee:20180225080013j:plain


 この角度からラグを見るとよく分かりますね、左の16613はかなりなで肩になっているのに対して右の16610LVはストンと直角に近い肩を保っています。

f:id:kitobee:20180225075558j:plain

 16700との比較です。このGMTマスターも極上品を購入したのでケースはバキバキです、願わくば未研磨だと信じたいものであります。先のエントリーでもありましたように16700は裏蓋シールも貼られた状態だったので前オーナーさんがあまり使用していなかったか余程大事に扱われていたかと思います。

f:id:kitobee:20180225080209j:plain

 

 そう言えばと思って写したショット。16613はフラット4です(笑)
結局私が購入したグリーンサブはノーマル4、スモールスイスの一般モデルでしたけど手にしてしまえばそんな事は何にも気になりません。むしろ極上品を相場よりもお値打ちに手に入れたことで大満足です。投機としてはもちろん初期モデルが良いのかもしれないですがここまで値上がりしてしまっては予算も追いつかないのが正直なところです。

 最後に購入した時点での中古市場の価格はこんな感じでした。

某有名店A > シリアルZ 程度並 付属品なし  ¥1,150,000
某有名店S > シリアルZ 程度並 付属品なし  ¥1,260,000
某有名店C > シリアルZ 程度並 付属品なし  ¥1,290,000
某有名店D > シリアルD 程度並 箱/保証書あり ¥1,320,000
某有名店E > シリアルM 程度上 箱/保証書あり ¥1,430,000
某有名店F > シリアルV 程度上 箱/保証書あり ¥1,498,000

どれも実物を見たものです、ひいき目に見ても私が手に入れた個体よりも傷などで見劣りしていました。また冊子が足りなかったりベゼルカバーが無かったりで付属品も少なめだったこともあります。逆に並行品の場合は正規品だと回収されてしまうプライスタグが付いているものもありました。備忘録として私のものは¥1,298,000です。年式と程度で見れば相場よりも¥150,000以上はお得でした、まあこの異常な値上がりをしたモデルにお得と言う言葉が似合うかどうかは微妙なところではありますが…。

f:id:kitobee:20180225081550j:plain

 これで私がずっと欲しかった5桁シリーズ補完計画はコンプリートです。結局のところカラフルで自己主張の強いモデルが大好きなようです。あとの手持ちは114270エクスプローラーⅠと116400GVミルガウスで合計5本になりました。もうこれ以上の買い足しはありません、あとは楽しみに使い回していざ資金が必要になったときには潔く売却するのみです。リセールバリューが高いのもロレックスの魅力の一つですからね。よくある『一生モノの宝です』とか『息子娘が大きくなったら渡すんです』みたいな考えはございません、あくまで自分のライフスタイルの合わせてキープorリリースは変わってくるものですから。


おしまい。