30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【ロレックス】 バーゼルワールド2018解禁 GMTマスターⅡ

 時計好きには待ち遠しい年に一度のバーゼルワールド、2018年は3月21日解禁でしたね。つい先ほどロレックスも公式HPで新作の発表がありまして、Facebookのコミュニティなどで世界中のロレマニアがこの話題で盛り上がっています。

f:id:kitobee:20180321214658j:plain

※画像は公式HPからキャプチャしたものです※
2018年バーゼルワールドで恐らくロレックスの目玉となるのがこのGMTマスターⅡ、ペプシです。リファレンスは126710BLROが与えられたこのモデルの特徴は何と言ってもロレックスがベゼル素材をセラミックにしてから技術的に不可能と言われていた赤&青のベゼルカラーを遂にステンレスモデルでもリリースしたことでしょう。

f:id:kitobee:20180321220124j:plain

このバーゼルワールドで新しいGMTマスターⅡが発表されるまで、ペプシと呼ばれる赤青ベゼルを纏うモデルはこの116719BLRO(ホワイトゴールド製)の一般市民平民には到底手が届かない値段のものしかありませんでした。またダイヤルカラーがブルー(濃紺に近いでしょうか)であるため16700や16710のような往年のGMTマスターペプシとは見た目が結構異なっているかと思います。発表当初はブラックダイヤルだったものが変更された模様です。今回リリースされるステンレスモデルと瓜二つになるからでしょうか?

f:id:kitobee:20180321220553j:plain

2007年に16710が116710LNにモデルチェンジした際にはこの黒ベゼルのみでした。尤も16700、16710でも黒ベゼルはあった訳ですから所謂GMTマスターのベーシックカラーとして最新技術と言われたセラミックベゼルを引っさげて登場したわけです。それまでのGMTマスターが採用していた赤色のGMT針をロレックスのコーポレートカラーである緑色に、またダイヤルのモデルネームも同じく緑色にしたことが大きな話題になりました。こちらには若干数でスティックダイヤルと呼ばれるものが存在しますが、16710のような極端なプレミアモデルには現状至っていないようです。

f:id:kitobee:20160907000809j:plain


これは私が所有する16700GMTマスター、購入当初は黒ベゼルでした。


f:id:kitobee:20180321220936j:plain

2013年のバーゼルワールドで登場したのがこの黒青ベゼルのGMTマスターⅡ。今までに無い2色の組み合わせで人気が爆発しまして未だに正規店ではまずお目にかかれないレアモデルであります。GMT針もブルーに、ダイヤルのモデルネームは白色でプリントされています。海外でも相当の人気で、通称バットマンとしてロレマニアの間で崇拝されています。2018年3月現在、中古相場では¥1,150,000前後を付けていますね。2018年バーゼルワールド直前ではディスコンの噂が流れていて、これからの市場価格が気になる1本です。

さて、ついにステンレスモデルでペプシカラーのGMTマスターが復活したと世界中が歓喜乱舞しているかと言えば、意外なことにそうでも無かったりします。その原因が…

f:id:kitobee:20180321221658j:plain

この5連ブレスにあります。ジュビリーブレスと呼ばれていて主にデイトジャストなどドレス系モデルで採用されているこのブレスがスポーツ系モデルのGMTマスターの魅力をスポイルするとの意見が多々出ているわけです。但しGMTマスターでは過去には5桁シリーズでこのジュビリーブレスを纏ったものを既に販売していまして、今回は言わば往年のシルエットを復刻させた形です。そしてホワイトゴールドの116719BLROがこの先どれくらい生産されるかは未知数ながらも同じベゼルカラーを持つ物同士の住み分けとしてこのステンレスモデルはジュビリーブレスにせざるを得なかったのかと勝手に推測してみました。もしかすればこの先116710LNのような3連ブレスが登場するかもしれませんし、私としてもやはり3連ブレスのペプシが欲しいです。特にジュビリーブレスは経年劣化でブレスの伸びが激しいため敬遠しがちなのも一因です。

f:id:kitobee:20170717162619j:plain

私の16700GMTマスター、現在はベゼルをロレックスで交換してペプシカラーになっています。

 2018年バーゼル直前、ティザーを見ながらロレマニアはGMTのコーク(赤黒)が出る!!と予想していました。日本では圧倒的にペプシ(赤青)が人気ですが海外ではコークベゼルも根強い人気があります。今後どのベゼルカラーがディスコンになるかも気になるところですが、それによって来年以降でこのコークも登場するかもしれませんね。

 新登場するモデルがあればディスコンでラインナップからはずれるモデルも必ず出て来ます、その時に中古市場がググッと変動するのも私を含めたロレマニアが注目するところであったりします(笑)
私個人は恐らく現行の6桁シリーズに手を出すことは無いだろうと踏んでいるものの、果たしてベゼルカラーがどれくらい鮮やかに出ているかがものすごく気になるところ。またそれ次第では物欲がムラムラしてくるのかなぁと公式HPを見ながら妄想している次第です。

おしまい。