30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【SUBARU】 WRX STI (D型)  不具合情報(Fウインドウ&KENWOODナビゲーション)結果とWRX STI乗り比べ

 私がSTIを購入しましたディーラーのご好意で、Fウインドウの歪みが他のクルマでも同様に有るかどうかを確認すべく試乗車のWRX STI TypeSを2時間ほど貸していただきました。

f:id:kitobee:20180414191226j:plain

不具合内容に関しますブログエントリーはこちらです。

 


 さてさて、いきなり結論から申しますと試乗車も同様に運転席から見ますとルームミラー奥からAピラーにかけまして歪みはありましたorz

f:id:kitobee:20180414191513j:plain

少し分かりやすいように加工しました。画像の明るい部分あたりが特に歪んでもしくはぼやけて見える箇所になります。

f:id:kitobee:20180414202405j:plain


前回同様に、シャッターが景色に入るところで写したものがこちら。画像で見る限りぱっと見は普通かもしれませんがズームしてみると…

f:id:kitobee:20180414191731j:plain

赤い丸で囲んだ部分が特に歪んだものです。シャッター上部の枠が上弦を描いていることと、白いクルマの屋根から上部シャッターにかけて景色が歪んでいることがお分かりでしょうか?

これが停車している状態で既に肉眼でしっかりと確認出来てしまっています。前回も記しましたようにクルマのFガラス自体は当然のことながら程度は異なれど全て弧の字に湾曲しています、そのためAピラーあたりは多かれ少なかれ景色が歪んで見えることは仕方ありません。ただ、WRXに関して言いますと左前方を確認する際に常に視野に入る場所から既に歪みが出てしまっているために運転しているとものすごく気になってしまいます。(例えば車線変更する際、左折する際など)
停車中以上に、走行中にはその歪みが景色として流れていくわけですから余計と不快なんですよね…。

 答えとしましては
①我慢して自分自身が慣れることを祈る。
②もう左前方なんて見ない。
③恐らく来年くらいに出て来るであろう新型WRXまで乗る。
④売却して全く他のクルマを探す。
…くらいでしょうか、まあ②は冗談です。


 もう1点の不具合でありますKENWOODカーナビゲーションBluetoothを用いてスマホから音楽再生をすると悲しいくらいに音飛びする件は、メーカーからアップデートが配信されたため、データをディーラーでSDカードにダウンロードしていただいて私のクルマにインストールしました。

 結果、そのディーラー内で試した瞬間は音飛びが改善されました!!
…が、気を良くしてディーラーを後にして数百mで症状が再発し結局のところ以前よりは頻度が下がったとは言え未だに音飛びは起こります。走行距離約10km、30分程度の運転中に20回くらい音飛びしたでしょうか。スマホを再起動したりBluetoothを再接続したり色々試したけれど完治はしていません。

 こちらの答えとしましては、ディーラーから再度メーカーへ質問していただくことで保留となりました。嗚呼、悲しい限りです。


 よってどちらの事案も解決には至りませんでした。クルマからの愛着は離れるばかりで正直どうしたものか自分自身困り果てています。WRXはすごく良いクルマなんですよ、それだけに余計と惜しいです。また、私のわがままで試乗車の貸し出しまでしていただいたディーラーには感謝多謝ですし担当の営業さんも本当に親身に対応してくれるので、それでどれだけ救われていることか…やはりモノ以上に人付き合いって大事ですね。


 …とまあ不完全燃焼だったことは置いておいて、せっかく私のSTIベースグレードと試乗車のSTI TypeSを乗り比べ出来たのだからちょこっとだけレビューしてみます。

f:id:kitobee:20180414203636j:plain

上がTypeSで下が私のベースグレードです。
TypeSはエクステリアで言いますと19インチホイールとトランクスポイラーが標準で付いていることと、KYBサスペンションに代わってビルシュタイン製サスペンションが装着されています。(私のSTIにはオプションのFリップスポイラーが装着してあります)

f:id:kitobee:20180414193736j:plain

こちらが19インチホイール、純正でも攻めたデザインですよね。一体タイヤ交換でいくら掛かることか…。ブレーキに関しましてはベースグレードと同一になります。私のホイールは18インチですので見た目としてはホイールとブレーキキャリパーの隙間が19インチよりもタイトでムッチリした感じになります。

f:id:kitobee:20180318175527j:plain

18インチだとキャリパーとの隙間に指すら入りません(笑)

f:id:kitobee:20180414194047j:plain

こちらがトランクリップスポイラーですね。個人的な感想としてはかなり控えめなスポイラーだと思います。ただ後付け感がプンプンするため私は好きではありません。隙間に汚れが溜まりそうですし…。どうせスポイラーを装着するのならば大型リアウイングの方がWRXに関しましてはメジャーですね。

f:id:kitobee:20180414194259j:plain

TypeSになるとフロントシートは左右共にパワーシートが備わります。但しレカロはオプションの様です。あれば便利だけれども、モーター駆動になるため確実に重量は増しますためサーキットやジムカーナをされるオーナーには微妙かも?

f:id:kitobee:20180414194426j:plain

これはTypeSだからではなくセーフティパッケージ装着車だからですが、サイドミラーにカメラが埋め込まれていましてギアをRに入れたらモニターに死角が表示されました。クルマを左に寄せて停めるガレージなどでは存分に威力を発揮しそうです。

f:id:kitobee:20180414194612j:plain

この試乗車はお借りした際は走行2,800kmでした。
今回最も驚いたことは私のWRXと乗り味が全く違っていたことです。まずビルシュタイン製サスペンションが素晴らしい、19インチホイールを履いているのに乗り味がものすごく良かったんです。私が昔乗っていましたスカイラインでオーダーメイドのビルシュタインを入れた経験がありまして『猫足』と賞賛されるくらいにギャップに対しての反応がスムースなのです。このWRXでも同様の印象を乗り出した瞬間から感じてKYBのそれとは比較出来ない程に快適でした。だれだKYBが柔らかいって言ってた評論家は。

シフト、クラッチ、エンジンの吹けなどどれを取っても私のものより滑らかなのは、やはり毎日動かしているからだと営業さんも言っていました。週末にチョロっと乗るだけの私のクルマだとまだまだ渋さが残っていますからね。

ただ、それと裏腹にやはり材質のクオリティが低いのかなと感じてしまったところもあります、それはシートとハンドル。

f:id:kitobee:20180414195350j:plain

走行距離で言えば自分のが1,240km、試乗車が2,800kmでどちらも言って見ればまだ新古車同様です。ただ試乗車のハンドルは明らかに痩せてしまっていてレザーは早くもテカってきていました。テカりは洗浄すればある程度消えるかもしれないけれど、握り心地が私のハンドルとえらく違ったのにはビックリです。まさかハンドルだけマイナーチェンジしたわけでも無いであろうに…。

f:id:kitobee:20180414195604j:plain

運転席側のシートです。赤い部分に結構ヒビみたいなシワが出来ていますね。グレー部分も深いシワが出ています。まだ製造から9ヶ月くらいなのでこれには疑問符が付きます。

f:id:kitobee:20180414202428j:plain



対して助手席側は基本的にディーラーマンが乗るだけだからかまだほぼ新品状態ですね。多分乗り降りの際ここになるべく体重を掛けて潰さないように気を使っているのでしょう。

特にこのシートについては海外のSUBIE(日本で言うスバリスト)の間でも熱い議論が交わされていてやはり耐久性が無いことで有名な様子です。このあたりのクオリティも改善してもらいたいものですね。

f:id:kitobee:20180414200750j:plain

 とりあえず今後の動向については未定ですが、ただただ好きな音楽を聞きながら気持ちよく運転したいです。ちなみに余談としまして営業さんがこんなことを教えてくれました。

①歴代のSTIで現在人気があるのは実は丸目の2代目(海外ではバグズアイの愛称です)。
②水平対向独特のドロドロ音は2代目の丸目と3代目の涙目がピークだった。
③初代STI(GC8)はもはや絶滅危惧種扱いで車検毎に数十万かかるとのこと。
④現在市場に出回っている中古で安心して乗れるのは鷹目以降、さらに当たり外れは大きい。
⑤初代から鷹目までのSTIに関してはシートはペラペラ、遮音性はまるで無いがそれすら楽しめるスポーツカーである。
などなど。

確かに先日伺ったHONDAのディーラーでも先代NSXの中古はオススメ出来ず、リフレッシュプランで徹底的にレストア出来る(=お金に糸目を付けない)人しか維持は難しいって言っていましたしね。

最後に、万が一の買い替えがある場合において自分のクルマにいくらの値段が付くのか確認してもらうことにしてお店を後にしました。まだ私のモデルは新しすぎてデータベースが整っていないため本部確認になるそうです。

そんなこんなの土曜日でしたとさ、さあそろそろ洗車しないとボディが黄砂でドロンドロンです…。
おしまい。