30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【SUBARU】 WRX STI (D型)  雨の日には洗車を & ナビ不具合の進展

 私のWRX STIは未だに自分の手でしっかりと洗車をしたことがありません…まず大前提としてアパート暮らしの私にとって洗車が出来る条件が全く持って揃っていないことに加えて、洗車に費やす時間を捻出出来ないためです。悲しいかな一般市民平民独身の私にとって週末は家事をこなす貴重な時間になり、どうしても趣味やクルマのことまで手が回らないわけでして(涙)
そのため洗車はGSで回数券を購入して手洗い洗車をお願いしていました。なのになのに、その頼みの綱であるGSが突然2ヶ月間のリニューアル工事に入ってしまい途方に暮れていたところで日曜日に大雨が降って来たのをこれ幸いと『雨水の天然洗車』に挑戦しました。

f:id:kitobee:20180519022636j:plain

この日の雨は降水量で言えば1時間あたり10mm以上の激しいもので、喜々として左手に傘を、右手にマイクロファイバータオルを装備して汚れを優しく優しく拭い落としました。シャンプー類を使用せずとも結構奇麗にはなったかと思います。拭き上げ不要な手抜きかつクルマに優しい洗車なのはもちろんのこと、洗車時間もわずか10分程度で終わりご満悦です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さてさて、KENWOODナビのBluetooth不具合につきまして5月18日現在、進展がありましたので備忘録を兼ねたご報告です。あくまで『ディーラーの御厚意』の前提なのでイレギュラー対応にはなりますが、カーナビ本体を他メーカーに新品交換する条件で話が進んでいます。恐らく同様のケースが発生しても同じ対応をしてもらえるかは何とも言えませんが情報をシェアします。

新品交換の経緯としては、当初『他メーカーの純正オプションカーナビを原価で譲る』ことがディーラーとして対応出来る最大限の回答でした。ただ、今回の件については不具合の発生から4ヶ月間の期間を費やしたこと、SUBARU純正オプションカタログとしてナビパックのカタログがある中でBluetoothスマホ機種対応表がどこにも記載されておらずユーザーサイドで何も確認が出来なかったこと(ディーラーに向けては社内用として対応表は存在するそうです)、またそれに関する注意書きがカタログを見る限りどこにも記載されていないこと、様々な対応が後手に回ってしまっていたことなどから総合的な判断で特例として『他メーカーのカーナビで新品交換』の回答をいただくことになりました。

また、カーナビ交換と同時進行していたクルマの買取査定についてはディーラーとして提示出来る上限金額が結果的に一般買取店よりも未だに低めの査定しかつかないことも加味した上で、当方もナビ交換を今回の落としどころとして承諾した次第です。ナビを交換した後もし私自身のSTIに対する愛着が結果的に芽生えなかったとしたら、その後は売却に進むことを考えています。しかし本件については担当の営業さんに尽力していただけた結果だと感謝しています。同じ失敗を踏まぬよう、今度の取付予定のナビが搭載されている試乗車を探してもらい、そのクルマで一度Bluetoothの接続具合を確認してから交換作業に入ります。

今回ここまで私がディーラーに強く要望したことにつきましては、やはり『新車』として担当の営業さんと一つ一つ確認しながら購入しているためであります。これが仮に中古車であれば当たり前ながら現状販売になりますので、もしBluetoothが私のスマホに対応していないとしても当然ながら文句の『もの字』も言えません。ある意味、その方が割り切って物事を考えられるから私にとっては楽だったのかもしれません。今回、初めて新車を購入して学んだことは実は『疲れる』の一言に尽きます。新車であるが故にどうしても『完璧』を求めてしまうこと、傷や凹みの無いボディを気遣うあまりドアパンチを恐れて駐車位置に苦悩したり、雨の日に乗りたく無いと土砂降りの中を徒歩で買い物に出掛けたり、今回のナビのように装備品に神経を擦り減らして何か不具合が見つかればディーラーとの掛け合いが続き…本当に疲れました。私のどちらかと言えば細かい性格も災いしていることを痛感し、やはり程度の良い中古車くらいが一般市民平民独身の私にはお似合いであるのが自身の結論です。

f:id:kitobee:20180519024724j:plain

カーナビが無事に交換された暁には今度こそお気に入りの音楽と一緒にどこかへドライブを楽しみたいと思います。ただ、やはり恐らくこのSTIは乗っても初回車検まで…査定次第ではもしかしたら2018年末までかもしれませんし、良いクルマとの出会いがあればそれよりも前に手放してしまうのかもしれません。WRX STIのクルマとしての位置づけは間違い無く趣味性の高いマニアックな車種であります、乗っていて苦悩することはオーナーにとって不幸であるばかりかクルマにとっても不幸そのものです。そのあたりの見極めをしっかりとしつつ、これ以上クルマに胃を痛める事の無いようにしたいものです。

f:id:kitobee:20180519025312j:plain


f:id:kitobee:20180519025327j:plain

ポルポル様、ドアの開閉音すら素敵です。空冷のころの『カチャッ』って音ではないけれど『ドムン!!』と見た目以上の重い音がします。STIは『バフン!!』って感じでしょうか(笑)



おしまい。