30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【Alfa Romeo】 4C、納車から1ヶ月1,000km乗った段階のインプレ

 2018年のお盆前にアルファロメオ4Cが納車されて気がつけば早くも1ヶ月、運転する機会は数回しか無かったですが何とか1,000km程距離を伸ばしたので自分なりの備忘録を残しておきます。

f:id:kitobee:20180917082427j:plain

【スタイリング】
どの角度から見ても惚れ惚れしまして、購入する動機になった大きなポイントです。とにかく運転中に通行人や隣に並んだクルマから見られることが多い反面で『アルファロメオ』であることを認知されることが少ないのは、やはり滅多に見かけることが無い稀少マイナーモデルが故かと思います。

【乗降性】
ノーマル状態であっても市販車の中では極端に車高が低いため乗り降りにはコツと気合いが必要になります。運転席に座ったままの状態でドアを開ければ地面に手が届き、あのケーターハムのように『地面でタバコの火を揉み消す』事が可能です。(私は禁煙家ですが)
モヤシみたいな貧相な体格で身長も165cm程度(実際は164cmですが見栄を張らせて下さい)かつ短足な私ですら乗り降りには苦労するのですから、長身で高足蟹のようなスタイルを持つ方でしたら一体どうやって乗降するのか気になって仕方有りません。

【積載力】
前後にトランクが設けられたポルシェケイマンや新型アルピーヌのような積載量は4Cは持ち合わせていません。ボンネットがはめ殺しとなっていて基本的にトランクはリアハッチのエンジンの真後ろに少量を積めるのみ。しかもエンジン熱をモロに受けるため食品は搭載不可です。私は完全な独り身なので助手席に買った食品などを置けますが、2名乗車している場合には助手席の奥さんや彼女さんの膝の上に荷物を置くしか方法が無くて極めて不評を買うことになるでしょう。多分2回目以降は一緒に買い物すら行ってくれなくなると思います。旅行用スーツケースは機内持ち込み用がトランクに搭載出来るギリギリのサイズになります、旅は身軽が一番と強制的に実感させてくれるのが4Cであります。

【洗車】
納車後2回はガソリンスタンドで手洗い洗車に出しました。4CはSサイズに該当するようでして私がお世話になっているところでは¥1,830で、以前のメルツェデスベンツEクラスの¥2,500よりも随分とお得になりました。但しリアハッチの放熱用ネットから水や洗剤が入らぬよう、その都度店員さんに説明する必要はあります。雨の日にザッと拭いたことも3回程ありますが、コンパクトなボディ&1,185mmしかない車高のお陰でとにかく楽です。

【雨】
ある意味、一番の天敵が降雨かと思います。特殊かつ雨の日に乗ることをまるで考えられていない陽気なイタリア人が生んだコンセプトであるがため(もちろん普段使いOKですが)、まず駐車していればリアフェンダー上部の窪みにはスズメが水浴び出来るくらい雨水が溜まります。それが晴れて乾いてしまうと今度は年輪みたいな雨染みが出来上がります。エンジン熱を放熱するネット部分からは容赦無く雨がエンジン&バッテリー付近に降り注がれます。運転中は熱気で雨水はすぐに蒸発しますけど駐車は屋根がある場所が大前提でして、私のような青空駐車一択の庶民は最低でも養生テープなどで穴を塞いでおく必要があります。私の4Cは納車わずか1ヶ月でバッテリー固定用のボルト&ナットが見事に錆びてしまいましたので早急にステンレス製のモノ等に交換する必要が出て来ました。また降雨後などクルマが濡れている状態でリアハッチを持ち上げますと、ハッチ上に溜まっていた水は見事なまでにエンジンルームへと降り注がれましてムンクの叫びみたいな表情&悲鳴を上げることとなります。

【燃費】
昨日に給油しました分で見ますと34,60L(ハイオク¥156)で満タンとなり、前回からの走行距離は394,8kmでした。そのため燃費は11,41km/Lとなります。使用方法としては中距離程度の高速道路走行、お買い物市街地走行、90分程の渋滞など所謂一般的な乗り方での計測でありまして、エアコンは常時ONになっています。ツーリング主体にすれば燃費は更に伸びて行くかと推測しますし、この手のクルマでリッター10を超えて行くのは素直に嬉しいです。

【不具合】
イタ車だから、アルファロメオだからある程度のマイナートラブルは覚悟の上です(笑)
現状はヘッドライトが洗車後に結露していた事が一番大きな内容でしょうか。あとこれは仕様かと思いますが、キーをシリンダーに差し込んですぐにエンジンを始動させようとするとセルが回らないことがあります。ディーラーで尋ねてみたところ、数秒待ってからセルを回すように指導されました。その他は後付けの1DINカーナビ付近から盛大にビビリ音が出ますが、これは取付の問題であると思います。

【ドライビングフィール】
もう私は若い部類には入れない30代後半独身おじさんのため、正直申しまして運転にはある程度の意気込みが必要なクルマだと感じています。それが嫌ならメルツェデスのSクラスにでも買い替えろって話ですが。4Cは体調が優れない時には間違い無く乗ることが苦痛…もとい乗らない方が賢明なクルマですし、この手の部類で言うフェラーリマセラティなどアンアンと高温を奏でる官能的なエンジンサウンドを期待すると見事に裏切られます。4気筒ターボエンジンなのでどちらかと言えば低音で野太く、当てはまる言葉は『ガサツな音』であると私は胸を張って言い切ります(笑)
しかもシフトアップ時にはウエストゲートか何かで『ブッ!ブベッ!!』とあたかも腹下しした時のオナラみたいな音が出ます。まあ私はこれが気に入っている変態ですが。
ハンドリングは良好です、重ステなんて何も気になりませんしペダルは重めかつダイレクトフィールで一般的なクルマとはまるで異なりアルファロメオの4Cに対する本気度が伺えます。

【駐車】
まず店舗の駐車場では苦労すること間違い無いです。私が愛して止まない全幅1,870mmのグラマラスなプリケツを持つ4Cはそもそも駐車枠の幅に収まらないことがありますし、仮に枠内に停めれても今度は隣のクルマや壁のお陰で乗降出来る程ドアが開かず間抜けな結果となります。ボディが一般的なクルマのような金属製でないため万が一ドアパンチを喰らうと補修が困難かつ超高額であることから混み合う場所には怖くてとても置けませんので駐車は専ら店舗から遠く離れた隅の端になります。また低い車高が故にフラットな出入り口しか乗り入れ出来ませんし、跳ね上げフラップ式のコインパーキングも入れれません。タワー式パーキングなども拒否られるでしょう。それと車止めのブロックまで下げるとリア周りを破損させる恐れがありまして後輪がブロックに当たるまではバックしていません。それでも3,990mmのショートボディだから駐車枠より鼻先が出てしまう事は今までありませんが。


…これだけ書いたものを読み返すと、人様にオススメすることは到底不可能なクルマにしか思えません(笑)
でも違いますよ、これこそが非日常への入り口なのです。一度きりの人生、たまには人と違った奇抜な道へ踏み込むことも大切ですよ。迷っているなら私が無責任に貴方の背中を突き飛ばし…いや押して差し上げます。

カッコいいスポーツカーorスーパーカーを求めるのであれば4Cは候補からはずしてポルシェやフェラーリへ一直線されることを強く奨めます。そもそも女性ウケを狙うならばこのご時世この手のクルマは見向きもされず、間違い無くメルツェデスGクラスやレンジローバーなどSUVでしょうね。やたらプリウスやアクアみたいなハイブリッドエコを気にするエコ&エゴ娘も多いらしいですけど、テスラあたりはどうなのでしょうか。ちょっと話が不純な横道に逸れましたが普段からそこまでクルマの利用頻度が無かったり、セカンドカーとして4Cを所有する前提ならば適度にオススメします。もし貴殿が私のような独身かつ自他共に認める変態であり、人生に一度は『唯一無二が大好き、今乗らなければこの先もうこんなクルマはもう出て来ない、いつの日か酒の肴として武勇伝じみた思い出話に花を咲かせたい』のであればこのアルファロメオ4Cは最高の1台としてむしろ他の選択肢などで悩む時間は無駄、すぐにでもお金と判子を持って販売店から連れ帰るべきであると太鼓判を押します。リセールバリューが云々と結論までアホみたいに時間をかけた私のことは意地汚いヤツと多いに罵って下さい、それが私の悦びです。あ、むしろそれらの比較を私のブログからものの数分で情報ゲット出来た貴方はラッキーです、謝礼は私のセカンド口座までお願いします。さあ購入の決断へ背中を蹴っ飛ばして欲しい方、いつでも呼んで下さい。

f:id:kitobee:20180917092422j:plain

2,800km到達の図。右に警告灯が出ていますが、これはエンジンを掛けずに撮影したためでして故障ではありません。

あ、やはり4Cは女性ウケ絶望的なのもお忘れなく。まだ誰も隣に乗ってもらえていませんが、クルマの特徴『低い、狭い、五月蝿い』をサラッと伝えたらストレートに拒否されました。


おしまい。