30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【Alfa Romeo】 4Cのホイールについて

 アルファロメオ4Cは新車オーダーする際に2種類のホイールサイズ(デザインで言えばクーペ、スパイダー&オプション用で計4種類、さらにカラーによって更に選択肢は増えますが…)を選ぶことが可能です。1つはベーシックな前輪17インチ、後輪18インチのもの、もう1つはスポーツパッケージをオーダーすると付いて来る前輪18インチ、後輪19インチのものになります。

f:id:kitobee:20180924103808j:plain
クーペモデルに標準で装着されてくるデザイン。

f:id:kitobee:20180924103850j:plain
こちらはスパイダー用のモノ。嗚呼イエローのスパイダー超絶カッコいい…。

f:id:kitobee:20180924103928j:plain
こちらはオプションで選択出来るモノ。スポーツパッケージを選ぶと左のデザインのさらにガンメタが付いて来ます。私の4Cがソレですね。


前者は205/45R17&235/40R18、後者は204/40R18&235/35R19が推奨タイヤサイズでして実際に両者を比較すると実は結構大きさが異なっているのが分かります。それより実はこのブログをエントリーするためにメーカーHPを見るまで、このスパイダー用ホイールの存在は知りませんでした。

 やはり見栄っ張りな漢たるものホイールとアレは大きいに限ると言ったものでして(私のアレはオールドミニの10インチホイールくらいですが(ノω・))、私としては購入時からスポーツパッケージ用の18&19インチが付いていて大変喜んでいます。乗り心地云々に関しては当然のことながら良いわけは無いけれど元々がコンフォートタイプのクルマと真逆の性格を持つ4Cにそこを求めるのはナンセンスであり、そんな無理難題を言うなら魔法の絨毯の異名を持つシトロエンのC6に乗った方がどれだけ幸せになれるかと熱演して差し上げます。サーキット走行するのであればインチダウンが有効でしょうが私の4Cは十中八九が買い物に出掛ける用途だから、この先もホイール変更はしないと思われます。ホイールの盗難に遭ったり余程のダメージをホイールに作ったりしたら考えますが…。

 そして今回、見た目と共に発見したこのホイールの素晴らしさが洗車でした。4Cが手元に来てから40日程が過ぎ、なんだかんだで忙しいながらも週末に乗り回して合計1,200kmの距離を刻んでいるくらいに気に入っておりまして庶民ながら買って良かったと小躍りしています。そしてこの3連休にちょっと汚れが目立ってきたホイールを念入りに洗ってやることにした次第です。

f:id:kitobee:20180924105310j:plain
恐らく前オーナー様がホイールにもコーティングを施工している様で、水洗いでブレーキダストは奇麗に落ちます。これまで表面は数回の洗浄をしましたが内側はご覧の通り結構な汚れになって来たためコイツを洗い流します。

f:id:kitobee:20180924105553j:plain
アップでもう1枚。これはフロントで、18インチと4ポッドキャリパーのクリアランスは十分と言ったところでしょか。

f:id:kitobee:20180924105655j:plain
アレが小さければ手も小さいコンパクトボディな私だからか、ブレーキローターとホイールの間にもしっかり手を入れることが出来ました。流石に怪我をしないように洗車タオルを手にしっかり巻き付けて保護しています。そしてアルファの『通称:梅ホイール』はブレーキの放熱効果、軽量化と共に抜群の洗い易さをオーナーに約束してくれます、なんてフレンドリーなクルマでしょう(笑)

f:id:kitobee:20180924110030j:plain
水をたっぷり含ませたタオルを5分も捏ねくり回せば、あっと言う間にツルツルピカピかになりました。拭き上げを含めても1本あたり7分程度の作業です。

f:id:kitobee:20180924110147j:plain
嬉しさついでにアップ画像も。やはり足元が奇麗だとクルマがより引き締まって見えます。


f:id:kitobee:20180318175527j:plain

前車のWRX STIは複雑なデザインのホイール&6ポッドキャリパーで手を入れる隙間がほとんど無く、1本洗うのに30分前後かかっていました。また1つ、4Cの新たなアドバンテージを発見してしまいましたね。

f:id:kitobee:20180924110457j:plain
ついでにフロアカーペットの埃をダイソンのハンディクリーナーで吸い取って、カーボンフロアも水拭きしてみました。ここで注意すべき点が…このカーボンフロアですがクリア塗装が非常に非常に非常に、もう一回付け加えますが非常に弱いのかうっかり小石などをタオルで引きずるとあっさり傷が入ります。私は拭き終えてから100dbの悲鳴を上げましたが後の祭り、まあカーペットを敷けば見えない箇所ではあるので良いですが…うん。しかしこのカーボンはいつ見てもウットリします。もっと傷に強ければカーペットなんか敷かずにペダルの直前に滑り止めだけ付けて乗りたいですね。

 本当に特にモデファイしたい箇所が見つからない完璧なプロポーションの4Cであります。ただ、少しだけ気になるのがヘッドライトがON/OFFしか無くポジションの概念が無いのでデイライト化をしたいのと、フェンダー前後にせっかく付いているサイドマーカーを点灯出来るように加工したい事です。どなたか施工された方が見えればアドバイスいただければ嬉しいです。


おしまい。