30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【Alfa Romeo】 4C 車検結果のご報告

 さてさて、私の4Cが無事に初車検を終えましたため備忘録を兼ねてご報告致します。

車検期間:11月18日入庫 11月23日完了

車検作業項目
1.車検整備一式 ¥65,000
2.完成検査手数料 ¥7,500
3.かじ取り装置点検走行テスト
4.制動装置点検調整清掃
5.走行装置点検調整締付測定
6.動力伝達装置点検調整締付
7.電気装置点検調整清掃
8.原動機点検調整清掃
9.排気ガス装置点検締付
10.タイや空気圧点検調整
11.ホイールナット点検増締
12.サービスインターバルリセット
13.ショートパーツ ¥2,500
14.ブレーキオイル交換 ¥4,400
  TUTELA TOP 4/S(0.5X24) ¥2,100
15.発煙筒(ミニ) ¥800

部品合計額 ¥2,900
工賃合計額 ¥79,400
諸費用計 ¥63,630
※内訳
>重量税 ¥24,600
自賠責 ¥25,830
>印紙代 ¥1,200
>手数料 ¥12,000
消費税等 ¥7,544

税込合計金額 ¥153,474
あとは洗車サービス

f:id:kitobee:20181124124533j:plain

不具合点検依頼項目

Q:ヘッドライト&テールライトの結露
A:入庫中に再現されず。少量の結露であれば保証適応外

Q:エンジン&内装の異音が無いかの確認
A:メカニックがテスト走行したところ特に問題無し

Q:インダッシュナビゲーション取り付け部付近のビビリ音
A:パーツにスポンジテープ貼付で対応、但し大きな改善はされず

Q:タイヤハウス内カバーの浮き上がり
A:現在メーカーに保証適応内容であるか確認中

Q:Fウインドウ下部の金属ワッシャーの錆
A:ワッシャー交換で対応

Q:エンジンルーム内バッテリー取付ネジの錆
A:ボルトはバッテリー受け皿に固定されているため対処不可、ナットをグリスアップ

Q:シフトをマニュアル操作に設定時、稀に2→3速へシフトアップが3,000回転以下で作動しない
A:入庫中に再現されず、学習プログラムのリセットで様子見

Q:ナンバー灯LED化
A:予算カットで見送り

Q:ドラレコ取付
A:社外品を取寄せ予定

Q:ガラスコーティング
A:元々施工されていた皮膜がまだしっかりしているため見送り

Q:デイライト化
A:ディーラーで対応可だが何点か部品取寄せが必要らしく返答待ち


とまあ、正規ディーラー入庫ながら極めて一般的なクルマに近い予算で無事に車検をパスしてくれました。私の4Cは約3ヶ月前の8月に購入したばかりで納車時にオイル&バッテリー交換をしているために一般的な車検費用より更に安くなっているかとは思います。オイルに関してはメカニックさん曰く5,000km毎の交換で大丈夫だそうです、ターボ車だからてっきり3,000km毎かと思っていました。

こんな感じで、やはりランニングコストがとても良いところもアルファロメオ4Cの魅力であります、限定車も出たことですし迷っている方はとりあえず清水の舞台からダイヴする気分で手に入れてしまって下さい。決断出来なければ私がいくらでも無責任に背中を蹴飛ばして差し上げます。


おしまい。