30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【お散歩名古屋】 コスプレサミット2019 Part2

 前回のブログエントリー後にお二方から写真の掲載許可をいただけましたため、part2として再エントリーです。

 何の知識も無いままに飛び込んだコスプレサミットでありましたが、やはり規模としてはコミケと同等もしくはそれに次ぐような大きいモノだけあって、かなり有名なレイヤーさんが大勢参加されていた様子です。

f:id:kitobee:20190809081442j:plain

レイヤー:今井聖莉南さん
ジャンル:アズールレーン ユニコーン

今井さんはレイヤー兼アイドルのようで、常に長い長い撮影待ちの列が出来ていました。本当に偶然その列に並んで撮影させていただいた訳ですが、常ににこやかで素敵な方でした。

 8月の酷暑真っ只中に開催されるイベントとあり、常に水分補給とクールダウンが必須で体調管理との戦いだと痛感したこのコスプレサミット。レイヤーさんもそれはもちろん同じで、定期的に休憩を挟んだり早退したり2日間のうち片方のみ参加だったりと、twitterなどのSNSで情報収集しないとお目当ての方を見つけるのが大変だそうです。
そもそもそれなりに広いイベント会場が人で溢れているため、端から端まで移動するだけで結構な時間を要します。
私みたいに行き当たりばったり難民だと、恐らく効率はものすごく悪いのでしょう(笑)
…と言うことを帰宅してからレイヤーさんにコンタクトするため使った事の無いtwitterを初めて利用して知りました。

 また、これはちょっとした反省になりますが、いくら自分がキャラクターの知識を持っていなかったりカメラ初心者であったとしても、もっともっと1枚1枚を丁寧に撮れたんじゃないかなってこと。

 会場で写真を撮るにはレイヤーさんの前に作られた撮影待ちの長蛇の列に並ぶことになるのですが(少なくとも5人、本当に長いと30人待ちとか、もうディズニーやUSJレベルです)、チキンな私は並んでいる方々から出ているその無言の圧力と、場馴れしていないことからの恥じらいに屈してしまい、写真を見直してみれば水平が取れていない、実はピンぼけ、背景がゴッチャゴチャ、露出補正が正しくなくて黒潰れなんてモノを大量生産していました。

 レイヤーさんは基本的に余程の無理な要求をしない限りは笑顔でいくつもポーズを取ってくれます、正にキャラクターになりきっていたり最高の1枚を写してもらう為に全力を尽くしているわけです。
それに答えられるような写真を撮れたかと言えば、シャッターを押す前にほんの数点のリマインドをしていれば、もっともっと良い1枚が撮れていたかもと思いました。
全力投球のレイヤーさんに対して自分がベストを尽くせなかったことが今回の大きな反省点であり、次回への課題です。
なので今回はレイヤーさんの笑顔と画像編集アプリにかなり助けられました。

f:id:kitobee:20190809083303j:plain

レイヤー:ゆる子さん
ジャンル:レーシングミク

まさか名古屋は栄のど真ん中でスーパーGTでお馴染みのキャラクター、レーシングミクを見れるとはモータースポーツ好きな私は感激です。しかも本家よりずっとカッコいい&綺麗でクオリティめっちゃ高かったですし、この表情最高で(笑)

 しかしどんなことであっても新しい扉を開くって楽しいですね。なんか久々に知識の引き出しを増やすために興味を抱いて片道70分の通勤電車の中でスマホ叩いて色々と調べたりしています。
8月は資格の更新試験や新しいアプリケーションを各拠点へ落とし込ための出張、いくつかのプロジェクト担当でバタバタしていますけど何とかモチベーション維持して乗り切れそうです:-)


おしまい。