30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【お散歩東南アジア】 48時間以内でタイとベトナムを楽しむ

 みなさんは普段、どれくらいの時間を旅先で費やしますか?

今回は仕事の都合もありますが週末に日本を出発してから帰国するまで48時間弱の東南アジア弾丸ツアーに行って参りました。海外旅行ではあまり現実的ではない旅程と思われるかもしれません、ただ気合いさえあればアジア圏なんて簡単に行けるんだと少しでも感じていただければ幸いです(笑)


8月23日(金)

 朝から病院での定期検診(エコノミー症候群での血栓症経過確認)を済ませ、午前中いっぱいで荷造り。と言っても利用するLCCは預入手荷物を作ったり7kgを超えると追加料金を徴収されるので28Lの通勤用バックパックに最低限のグッズとカメラを突っ込んで終わり。空港でのチェックでは5.9kgでした。

今回は「Thai Lion air」と言うタイの航空会社で名古屋(NGO)からタイのドンムアン(DMK)へ飛びます。出発が平日の夕方だからか、往復券で座席指定&機内食オプションまで付けてもまさかの¥19,600。新幹線で名古屋~東京を往復するより安いのです。

f:id:kitobee:20190829075348j:plain

ドンムアン空港到着時に記念写真を撮ってもらいました:-)
「Lion air」はインドネシアが大元になるグループ会社でして、制服もインドネシアの民族衣装がモチーフになっています。皆さんとてもフレンドリーで、日本語を少し話せるクルーも搭乗しています。

f:id:kitobee:20190829075611j:plain

この日の搭乗率は30%程度、座席指定も必要無いくらいで私の列は誰も乗らず3席使って横にもなれました。コスパ最強でビジネス以上の快適性をゲットです。

f:id:kitobee:20190829075812j:plain

LCCは水ですら有料なケースが多い中で軽食がサービスで出て来ましたよ。中身はデニッシュとカップウォーターでした。


さて、このSL311便ですがタイだけの旅行用途、しかも目的地がバンコク市内でしたら使い勝手はあまり宜しくありません。そもそものタイムスケジュールが名古屋発16:55、ドンムアン着が21:10で組まれていて、現地イミグレーションはお国柄か超ノンビリ。1人に数分を要するために前に10名程度並んでいると最低でも30分~40分はかかります。私は預入手荷物無しでも入国まで60分以上待ちました。

ここで一口メモ、入国審査ではタイ人と外国人で分けられていますが、さらに外国人は「ASEAN」と「FOREIGN」に分類されます、後者の列に並んで下さい。日本はASEAN加盟国ではありません。逆にASEANの列は恐らくVISAの検査が加わるのか延々に列が進んでいませんでした。


 私は翌朝にドンムアンからベトナムに行く飛行機に乗るため空港前のホステルにチェックインです。もしバンコク市内へ移動するなら手段はバスかタクシー、国鉄になり、どれも正直なところ不便です。スーツケースなど持っていたら最悪でしょう。その点、スワンナプーム国際空港(BKK)はARLと呼ばれる高速鉄道が走っていて数段便利ですね。

ホステルまでは空港から700m程度、道中は野犬のお出迎えもあってスリリングでした。ホステルは大部屋に2段ベッドが並んだドミトリータイプと一般的なワンルームタイプが選べて、前者だと僅か¥600くらいで利用出来ます、でもシャワー&トイレは共用になります。
私はお腹が弱いし、もし腹痛で夜中にトイレでトランペットやオーボエのような音色のオーケストラを奏でてしまったらと想像しただけで胃痛になったことからワンルームを選択して¥2,000程度でした。
施設は新しくて大方は快適で、夕飯に出るつもりが寝落ちしてしまい気付けばもうチェックアウトの時間…。


8月24日(土)

 5:30にチェックアウトしてから空港へ引き返す道中は野犬ではなく野良猫がお出迎え。

f:id:kitobee:20190829081637j:plain

少し和んだ瞬間でした、でも相変わらず殺風景で思わず荷物を握り締めてしまいます。

f:id:kitobee:20190829081738j:plain

空港の目の前では早朝でも屋台が営業していて賑わっています。

f:id:kitobee:20190829081843j:plain

食べてみたかったけれど、120%お腹を壊す自信があったから泣く泣くスルー。そもそも自分タイ語喋れないし…。


ドンムアン空港は元々の国際空港で、スワンナプーム国際空港が完成してからはLCCと国内線中心の運用になっています。特にタイエアアジアのベースでして赤い機体が並ぶ光景は圧巻です。

f:id:kitobee:20190829082138j:plain

f:id:kitobee:20190829195553j:plain

超レアな「赤くないエアアジア」も発見!!

で、当然ながら赤い飛行機が多いだけに赤い制服の美人CAさんも溢れかえっていて、おっさん大興奮(違)
ゲート近くのレストランで、せっかくだからとパッタイを食べながら時間潰し。

f:id:kitobee:20190829082348j:plain

値段は空港プライスなので全然お得感ありません、味も至って普通。

f:id:kitobee:20190829082454j:plain

ベトナムへはノックエアーにお世話になります。こちらもタイのLCCで、機首に描かれたクチバシが可愛すぎです。
ドンムアン(DMK)を7:30に出発してホーチミン(SGN)へ9:05到着です。座席指定していなかったけれど、カウンターでにこやかなお兄さんに希望を伝えたら後方通路側にアサインしてくれました。

f:id:kitobee:20190829082713j:plain

こちらも搭乗率は30%程度、機内では小さなボトルのウォーターをサービスで貰えました。微笑みの国のCAさんは皆さんとてもフレンドリーです。今までの搭乗履歴を振り返ってみればLCCの方が笑顔で接してもらえている気がします。
ちなみにベトナムでは入国カードは無いみたいで特にイミグレーションでも提示を要求されません、パスポートだけでOK。


 で、ベトナムでは昨年仲良くなった現地社員の子に出迎えてもらってバイクに2ケツしてプチ観光。ベトナムはバイク天国であります。

f:id:kitobee:20190829083133j:plain

ベトナム名物と言えばフォーですよね。
実はフォーと一口で言っても地域によってスープはもちろんのこと、麺も種類が異なります。路地裏の露店…もといローカルのオープンレストランに案内されて朝食として取ったフォーは大変おいしゅうございました。
ここで私は日本人感覚丸出しでテーブルにスマホを置いていたところ、ポケットにしまっておくよう言われました。この様な道路に面したお店ではバイクで猛スピードでひったくりされる被害が多いそうです。あかん、気をつけているつもりでも平和ボケしていたと反省です。

f:id:kitobee:20190829083550j:plain

f:id:kitobee:20190829083610j:plain

f:id:kitobee:20190829083626j:plain

f:id:kitobee:20190829083641j:plain

統一会堂を案内してもらいました。
ベトナム独立での記念的場所でして、建物内は会議室はもちろん、地下の秘密施設であるバンカーも見学出来ました。日本では目にする機会があまり無い建造物ですのでホーチミンへ行く機会がありましたら是非。
部屋によっては日本様式を取り入れた彩飾もありましたよ。

f:id:kitobee:20190829084001j:plain

お昼はちょっとお高めなベトナム料理のレストランへ。
よく知ったところでは生春巻きとかですね、女の子社員が「私のために」生春巻きを真心込めて巻き巻きしてくれ上機嫌な37歳庶民独身がここに居ます(笑)
ベトナム料理って野菜が多いことで美容と健康にとっても良いだけでなく、意外にも唐辛子をスパイスとして多用していて辛いんです。なのでお腹が弱い方は注文時に「辛くしないで」と念押ししましょう~。
ベトナムはアジア圏の中で比較的どこでも英語が通じます。

f:id:kitobee:20190829084346j:plain

バイクで私を連れ回してくれたナイスガイと…

f:id:kitobee:20190829084440j:plain

春巻きを巻き巻きしてくれたナイスガール。
2人とも20代中盤で私とは年齢が一回り違います…、ああ老けたなぁorz

お国柄と人柄が相まって本当に親切で良くしてくれました、感謝多謝。日帰りベトナム訪問はこの2人に会うためだったんです。

実は彼らとは昨年、会社のイベントでシンガポールで知り合い、それから1年あまりで3回目の再会だったりします。普段はmessengerなどのアプリでコンタクトしていて、便利な世の中になったとしみじみ実感する次第です。
あ、豆知識としてベトナムはビサ無しで入国出来るけれど、現地出国から1ヶ月は再入国が出来ません。

 さて、折り返しの飛行機は17:15なので15:00には空港へ戻りチェックイン。ベトナムの空港はチェックがものすごく厳しく、全員が靴も脱がされて検査を受けます。そして職員はピクリとも笑いません。ちょっと威圧感すらあります。
たった1人だけは私のパスポートを見て「コンニチワ」と言ってくれて、そんな何気ない言葉が海外ではとても嬉しくて…。

f:id:kitobee:20190829155703j:plain

ベトナムの花は蓮、ロータスです。
ベトナム航空の尾翼にもペイントされていますよね。

普通に考えればベトナム日帰り、しかも滞在が6時間なんて非現実的、むしろ阿呆ではありますけど私は十分に満喫しました:-)

タイへの戻りは「Viet Jet」です。ベトナムLCCで日本にも乗り入れ開始しましたね。キャンペーン時にはCAが水着になっちゃう夢のような航空会社で、普段の制服も可愛いと好評だそうです。
そして遅延率もとても高い、のんびりアットホームな航空会社だったりします。
あ、この便も座席指定無しだったけれどカウンターで通路側席をリクエストしたらアレンジしてくれました。

f:id:kitobee:20190829085215j:plain

こちらはベトナムのCAさん、パンツルックのポップな制服は動きやすくて快適だそうです。
Viet Jetは特に機内で無料配布されるものは無く、ただ機内販売品は他社と比較して安めに設定されています。Viet Jetグッズも豊富でバッグや衣類まで売られていますよ。

f:id:kitobee:20190829151740j:plain

搭乗した飛行機は離陸前の時点でDelayしていて、最後は40分くらいの遅延でタイのスワンナプーム(BKK)へ到着。
それでもタイ~ベトナム往復が¥12,000程度で出来てしまうのは魅力です。余談ながら名古屋(NGO)~ホーチミン(SGN)で往復券を購入するより今回のプランは¥10,000以上お得です。格安航空券サイトで調べる際は色々なパターンを検索することを強くオススメ致します。

 スワンナプーム国際空港では当日中の再入国でイミグレーションで若干疑いの目を投げられたものの無事にパス。市内までは高速鉄道で30分くらい、仕事を済ませてホテルへと向かった頃にはもう夜も良い時間になっていました。せっかく少し良さげなホテルにしたけれど滞在は僅か6時間程度しか残されておらずorz
せっかくプールやスカイバーもあるところだったのに、また次回はゆっくり来なければ…。

f:id:kitobee:20190829152538j:plain

夕飯はバンコクでお気に入りの簡易食堂で。
繁華街のナナ周辺ながらもこのローカル色とリーズナブルな料理は感動モノですよ。

2皿と飲み物でTHB210程度、なので¥600くらいです。しかもボリュームあります。

f:id:kitobee:20190829152741j:plain

1年分のアスパラ食べたかも(笑)
ソースはニンニクが効いていて絶妙。
外と筒抜けの場所だからタイ独特の生温い風と喧騒にまみれて現地に溶け込めます。今まで数回利用していて、特に観光客用のボッタクリ価格だったこともありません。

f:id:kitobee:20190829153007j:plain

まあ衛生的かと言われれば何ともお答え出来かねますが。
なので個人的に飲み物の氷は真っ先に捨てることや(スプライトなどは瓶入りで提供してくれます)、火がしっかりと通っていないものは避けています。例えば写真にある玉子焼きも半熟だったから食べたかったけれど断腸の想いで避けました。
Googlemapのレビューで食中毒になった客のコメントがあったので…ある程度の自衛は必要ってことで。

f:id:kitobee:20190829153311j:plain

 本日のお宿は一応の5つ星ホテルでした、水圧と温度が相変わらず弱いシャワーを浴びて速攻で寝て気付いた時には4:00…もうチェックアウトの時間でした。どうでも良いですがフロントの子がとても人懐っこくて可愛かったです、ええそれだけ。

せっかくタイへ来たからマッサージ受けたかった…。

8月25日(日)

 帰りはまたドンムアン空港からの飛行機で、ホテルへタクシーを呼ぼうとしたけれど現地の知り合いに送ってもらえることになり30分で空港に到着。持つべきものは友です:-)
どんな休日の朝でもタイミングが悪いと空港まで結構な時間を要するらしく、うっかり国王の移動日なんかにぶつかるともう幹線道路でも微動だにしなくなるみたい。逆にガラガラでも、そこら中にオービスが設置されていて危険が危ないと教えてくれました(笑)

f:id:kitobee:20190829195501j:plain

空港では怪しげなドナルドが待ち受けるマクドナルドでモーニングを。日本では無いメニューもたくさん、なんと米のメニューまで存在します。

f:id:kitobee:20190829153648j:plain

サクッとチェックインして、沖止めされた飛行機へ。なんかのどかな景色で空なんかいかにも南国っぽかったので記念に1枚。

f:id:kitobee:20190829153744j:plain

飛行機にはタラップで乗り込みます。ブリッジより不便でも、雰囲気があって私はこれの方が好きです。LCCは空港使用料を浮かすために沖止めされているケースが多いですよね。

f:id:kitobee:20190829154029j:plain

乗ってからはほぼ爆睡…、またしても隣に誰も乗らずカウチシートとして快適な6時間フライトでした。

f:id:kitobee:20190829154041j:plain

最後にクルーの皆さんを記念に1枚で48時間旅行はおしまい。
とてもタイトだったけど充実感溢れる週末となりました。下手な国内旅行をするよりもアドベンチャー出来て、文化や食に触れる事が出来るので、機会と気力があれば是非どうぞ:-)


おしまい。