30代の日々徒然

ほのぼの夫婦と保護猫1匹の備忘録

【Alfa Romeo】 4C Keeper Laboでクリスタルキーパー施工

 我が家の世界的にも残念な環境下で堪え忍ぶ4Cは前オーナー様がかけていたコーティングが完全にその役目を終えてしまったことで、ついに再コーティングをかける決心をしました。
色々と吟味し私のペラい財布とミーティングをした結果、ここは一つリーズナブルで一般的なものを試してみることになった次第です。

Keeper

 ええ、街のそこら中で見掛ける看板のアレです。このコーティング店は2種類に分けられて1つはKeeper Laboの看板がかかるメーカー直営店、もう1つはKeeper Proshopと書かれたいわゆるFC店(ガソリンスタンドとかでよく見ますね)になります。

なんとなくの先入観から前者のKeeper Laboの方が良いのかなと勝手に判断し、その中でも比較的輸入車が出入りしていそうな地域の店舗まで遠征しました。これは完全たる私の偏見ですが、やはり気難しいクルマを預けるにはある程度「高そうなクルマ&仕上りにこだわりそうな顧客」が多い店舗の方がその手の扱いに慣れているとペラい頭が訴えかけて来たのです。

案の定、入庫していたクルマはメルツェデスの現行Gクラスや国産のスポーツカーで店員さんの接客もスマートでした。

f:id:kitobee:20200225055001j:plain


 ここで簡単にKeeperのメニューをおさらい。
まずは車種のボディサイズによってSS~LLまで値段が分類されます。例えばアルファロメオ、私の4CはSサイズでジュリエッタがM、159はLでしてステルヴィオがLLになります。

Sサイズの4Cで値段を比較しますと…
一番の基本メニューは純水での手洗い洗車が2,320円。
私が施工したクリスタルキーパーが18,600円。
3年耐久のダイヤモンドキーパーは52,500円でさらに艶が出るものは76,100円となります。

コーティングメニューには全て手洗い洗車がセットになり、またクリスタルキーパーは雨染みなどの簡易除去、ダイヤモンドキーパー以上は軽研磨が込まれます。

そのためクリスタルキーパーであれば18,600円から2,320円を引いた16,280円がコーティングの値段と考えて良いでしょう。さらに施工完了時には1ヶ月点検を兼ねた洗車サービス券&次回コーティング割引券まで貰えちゃいます。そう思えば単に洗車だけ出すくらいならクリスタルキーパーを施工した方がお得にも見えてしまう…。

f:id:kitobee:20200225060305j:plain

ホラ、4Cも歓喜の涙を流しているようです(違)

 ただここで誤解が無いよう捕捉説明をしますと、私のような青空駐車をしているクルマだと深いウォータースポットや塗装のダメージは取れません。もちろんヘアスクラッチも同様です。これらはポリッシャーで軽研磨以上の事をしないと除去は不可能です。

私の狙いはひとまずコーティング層を作ってボディ本体のダメージを軽減させることであり、恐らく1年以内にはインナーガレージへクルマを納める環境が出来上がるのでその際に軽研磨を込んだダイヤモンドキーパーを頼む予定です。そのためパッと見で艶が増してコーティング乗った仕上りには費用対効果では大満足であります。

f:id:kitobee:20200225060735j:plain

施工は閉めきった屋内で。これがKeeper Proshopだと屋外施工しているのを目にした事があり、それでは砂埃が入り込みそうで心配になります。

 もちろん数十万かかるようなコーティング専門店はもっと傷消しやコーティング層が厚いのは知っています。ただ私にはそこまでのクオリティが必要でないことと、繰り返しますがペラい財布では太刀打ち出来ないので(笑)

それでも艶が復活するとクルマが引き締まって見えて、帰り道はボディへの夜景の映り込みに悶えました。雨の日の撥水性も楽しみです。


おしまい。