30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【Alfa Romeo】 4C 今後の稼働率とリプレイスの可能性

 雨漏り修理でディーラーへ預けたのに梅雨空の豪雨の下、屋外に放置されてトランクが浸水した我が4Cは室内クリーニングでカビなど除去を試みるそうですがメカニックの提案から10日が過ぎた本日も電話が来ずにアンニュイな気分であります。今日中に反応が無ければ明日にでもこちらから催促してみるか…orz

 さて『予定では』9月中には4Cも屋外での野良生活から屋根付きの過保護生活へと昇華するはずでして、もう雨が降りそうな度に養生テープをリアハッチのネットに貼らなくても良いんだと小躍りしています。

そんな中でふと思った事が『ガレージライフ』になった後に4Cは果たして今後どれだけの稼働率となるか…であります。

f:id:kitobee:20200729075652j:plain

6月に最愛の我がお嫁さんとゴールインしてからと言うもの、実は近場は90%の割合で快適なお嫁さん号でお出かけしているのです。そしてそのお嫁さん号が来月にもニューマシンへスイッチする為に益々これが快適になっちゃうんですよ(笑)
そうなると恐らく98%の割合でお嫁さん号での移動となる気がしてなりません。

座椅子に腰かける如くのクッション性ゼロな4C、あらゆるノイズが車内での愛の囁きをかき消してくれる4C、雨の日に乗ると太い太いサイドシルに溜まる雨水で失禁したかの如くズボンが濡れる4C、荷物を載せる概念なんて無い4C、コンビニの段差を越えられない4C、嗚呼可愛い可愛い4C…

嫁「4C、いらないじゃん♪」

私「そうだねー。ん? ちょ、え…えー?」

夫婦間で朗らかに4Cに関する会議を開いた結果、我が家における4Cは美しい姿を見てニヤニヤすることが唯一にして最大の存在意義であることで一致しました。
って、既にクルマとしての役割を果たしていないし(笑)

嫁「いっそのこと、そんなクルマは売ってしまえ♪」

私「え?え?えぇ?? チョットマツアルネ、ワタシニホンゴワカラナイネ」

 とりあえず次に出てくる問題は『いつまで4Cを所持し続けるのか』であります。
生涯孤独を宣言の元で手にした4Cであっても、素敵なお嫁さんとの将来を考えれば車両保険だけでも目玉が射出してしまう程バカ高いこの子を無条件でいつまでも持ち続けるわけにも行きません。まあ私が汗水鼻水もろもろ穴と言う穴から垂らしながら頑張って昇給すれば良いでしょうが。
前にエントリーしたブログにもあるよう私としては4Cの今後の市場価値にも期待しているため、すぐに売却は時期尚早であると苦しいの抵抗もしつつ…

嫁「私たちの生活だと、もうクルマ1台でもいいんじゃない?」

私「ぬうぅぅん…確かに…。」

まあ賢いお嫁さんの言うことは至極ごもっともなんです。そしていくら結婚したところで私の身分は一般庶民ですから。危うく私のクルマ撤廃論まで行きかけましたが、そんな中で『もしも』4Cに替わってクルマを買うなら、なんてもどかしくもどこか少し甘酸っぱくワクワクするお題で話し合いました。流石は良くできたお嫁さんです、ひとまず次期候補でも外車に乗ることは許可が出ましたよ♪
その他条件はと言えば、お嫁さん号よりも大型、4ドアである、ワンボックスは嫌だ、荷物がいっぱい載って可愛い色合い。

となればすっかり毒蛇に噛まれた私が一番候補に出るのはアルファロメオのジュリアかジュリエッタ、しかも赤で。
個人的にジュリアは乗りやすかったから印象が良いです。ただね、現状では乗り換えするほど美味しい価格帯でもないし、ジュリアで300万超えであればドイツ御三家でも良くなってしまいます。

f:id:kitobee:20200729141917j:plain

次にミニのクラブマン、でも欲しいのは第2世代だから4ドアとしては微妙な立ち位置…。第3世代だとミニと呼ぶには大きすぎるのがネックです。ただミニが展開するボディカラーは魅力的であり、持つならグリーン系がお洒落で素敵です。

f:id:kitobee:20200729142043j:plain

見た目はレトロで中身は最新のJEEPラングラーも善きであります。ただ意外とメンテナンスで出費が多そうなイメージも…。4ドアで広くて頑丈で、クルマとしての機能面はかなり魅力的なんですがね…って、あれま排気量が大きいのですねorz
そうなると4Cから乗り換えでもランニングコスト削減があまり期待出来ないから却下でしょうか。

f:id:kitobee:20200729142150j:plain

その他ポルシェ様なんかも見てみたけれど、やはり一般庶民の私には高嶺の華だと断念。ダークホースとしてボルボのV90がもっと値崩れしたら欲しいと思えます、なんかボルボってだけで優等生なイメージありますし。

…と久しぶりに色々なメーカー車種を見ていると、保険料こそ高いけれど他は意外なまでに普段のコストがリーズナブルな4Cがいかに素晴らしいかが見えて来ました。稼働率2%の4C維持へ向けて、可愛いお嫁さんへの更なるプレゼンを考えようと決意した次第です。
せめてもう少し車内で普通に会話が出来るノイズレベルだったらなぁ…とは、2人になってから感じた4Cの唯一の問題点ですね。

嫁「もういっそのこと私がいま乗っている軽四にしたら?」

私「ぴえん」

そんなこんなで、今日も私たち夫婦は仲良しです:-)



おしまい。