30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【Alfa Romeo】 4C 全集中

 あ、いやタイトルは今の流行りに乗っかってみたかっただけです(笑)

 実は先日の朝駆けの数日後に今一度の朝駆けをして来たのですよ。もう冬の足音が聞こえて来そうな時季だし、そうなれば山間部へのドライブ春までおあずけですからね。

f:id:kitobee:20201127080620j:plain

道中のトンネルで4Cの雄叫びに何度もトロけながら何気なく出掛けた徳山ダムは早朝すぎてかゲートが開いておらず、藤橋城も昨今の熊出没で警告文が貼られていて怖くてクルマから降りれず…。

 そんな訳でトンボ返りになるのも悔しいから紅葉が綺麗な谷汲方面へ…

って、走りながらふと4Cの個人的な不満点を見つけました。4CはMTモデルの設定が無いことを残念がる方々が多々みえますが私はそこは向け問題で、むしろATじゃないと重ステに集中出来ないくらいのヘッポコです。

私的に見つけた運転における4Cの3つの不満

1. 液晶デジタルメーター
⇒未来的な見た目は申し分無いけれど、視認性では断然アナログメーターが好きです。特に4Cは体感以上に加速が良くて、サウンドに浸っているとトンでもない速度が出ていることもしばし…。せめてタコメーターだけでもPIVOTなど後付けのメーターが欲しいかも。

2. DNAスイッチ&A/Mスイッチの位置
⇒センターコンソールにあるこのスイッチ類、これだけでもステアリングに付いていて欲しかった。変更するのにシートから身体を起こさないと届かないねん。

3. パドルシフト
⇒短小なんです、びっくりするくらい。
これでは満足出来ません、ジュリアみたいな金属削り出しのビッグボーイじゃないと操作性に若干のストレスがあります。

…で、ですね。これら3つの要素が組合わさった時に悲劇が起きました。
トンネルを通過中に自身が想像していた以上に速度に乗っていた様で、そんな中でATモードをAからMに変えようとボタンをまさぐりパドルシフトに指をかけた瞬間、路面の悪いところで重ステを取られ「ドガドガゴーン!!」と激しい振動がステアリングどころかシートから身体中を突き抜けて、思わず私も「オーマイガー!!!」と叫んだのでした。
ちょっと集中力が散漫になった際に、ハンドルを路面のうねりに持ってかれキャッツアイに乗ったのでした。

f:id:kitobee:20201127082607j:plain

幸いにもボディは無傷でホイールを打った程度で済みましたが、後輪に少し傷を入れてしまったので週末は念のためタイヤのチェックも兼ねてディーラーへGOです…。

f:id:kitobee:20201127082825j:plain

以前なら胃酸が逆流し速攻で帰宅からの不貞寝コースだったであろう私ですが、まあせっかく朝駆けしているんだからと平日の紅葉スポットで燃えるような景色にしばし感動。

f:id:kitobee:20201127083009j:plain

落ち葉を掃いていた地元のおばあちゃんと仲良くなって話し込むこと30分、このあたりはまだまだ猿、熊、猪などなどがわんさか居るそうです。タヌキの眼は夜になると猫みたいに光るんだとか、猿とは目を合わせると危険だからとか、熊は逆に目を逸らしちゃいかんよとか、色々と知恵袋を貰いました:-)

f:id:kitobee:20201127083257j:plain

横蔵寺は11月の第3週あたりが例年の紅葉ピークですって、行かれる方は要チェックです。

 調子に乗って谷汲山も攻略してみます。

f:id:kitobee:20201127083424j:plain

こちらは横蔵寺からでもクルマで10分ちょいの距離、参道にはお店が並ぶので観光向けでしょうか。
参道の中にある、ういろうのお店が有名だそうでもちろんお買い上げ。観光時期以外は週末しか営業しないみたいです。

f:id:kitobee:20201127083610j:plain

こんな感じで紅葉まみれ。クルマは参道入り口の駐車場へと強制的に誘導されます、駐車料金400円也。

f:id:kitobee:20201127083717j:plain

ただ、この日は駐車料金と引き換えに400円のクーポンが貰えて、それでういろうを買ったから実質無料ですね♪
しっかりと紅葉を堪能して帰路に就くことが出来ました。

f:id:kitobee:20201127083850j:plain

不注意でホイールをヒットさせたのは痛かったけれど、それ以上に充実した時間となりました。

さーて、次回はディーラーでの見積りをお伝え出来ればと思います。タイヤ交換ならしばらくまた節制生活や(涙)
不幸中の幸いで、走行距離がそろそろ15,000km、新車から5年を迎えるからタイヤとしても交換時期であったことでしょうか。


おしまい。