30代の日々徒然

ほのぼの夫婦と保護猫1匹の備忘録

【日々徒然】 雨の日には自転車に乗って

 私の住む地域は先日2度目の緊急事態宣言が発令されて益々お出掛けの機会が減っております。とは言え最低限の日用品などは買い出しに出向く必要があり、自転車にまたがって街中へとノコノコ繰り出し、食材をパンパンに詰めたリュックを背負う姿はまるで二宮金次郎の如し。それどころかリュックから長ネギなんぞが飛び出した日にはまさに初回版購入特典のオマケのポスターをバックパックにぶっ刺したアニメ&アイドル大好きな聖戦士と同じシルエットじゃあありませんか。否、せめて「鴨ネギ」とでも呼んで下さい。私はアニメはアマゾンプライムで見ますし、アイドルはこっそりインスタでチェックするくらいなので、そんな部屋にデカデカとポスターは貼っていません。

 で、なんで出掛けるのに自転車なのと聞かれれば胸を張って「アラフォーのための健康法」と答えますが、そこになんで雨の日なのに自転車なのと聞かれてしまうと「雨だとクルマに乗れないじゃん」と一般常識では不可解にしか聞こえない答えを絞り出すしかございません。まあ本音を言えばそんな寒い雨の日に自転車で惨めにお出掛けなんて誰もしたくありませんって、変態の異名を持つ私を含めて。ただね、雨模様の中で私の4Cなんぞ出そうものならハッチのダクトからはエンジンルームへ容赦無く雨が降り注ぐでしょ、ただでさえ乗り降りが困難な極厚のサイドシルと地面に座るかの様な車高だと腰を屈めてアタフタしている内に私自身がずぶ濡れになるでしょ、そして1回でも雨の中を走れば寒空の中で1時間コースの洗車が必要でしょ、それからそれから…。
と考えていると、気付けば「晴れの日はクルマ、雨の日は自転車」って普通とは逆の図式が頭の中で刷り込まれるんです。まあこれに漏れなく純正オプションとして以前にも述べた通り「雨が降りそうでも自転車、雨上がりでも自転車」って条件が加わります。そして最近思ったのは「冷え込む日、雪の日の前後しばらくも自転車」ってものです。それは除雪材がたんまり撒かれている路面を走れば後始末が極めて大変だから。そう、4Cに乗れる日は私の年間休日の中でも「終日天気の心配が無く、路面がクリーンで、ある程度まとまった距離を乗れて、行き先に急な坂や段差が無い」、極めて希に好条件が重なった一体1年の内で何日あるんだろうって確率なのです。
もちろん妻のMINIでお出掛けすれば基本的にオールマイティではありますが悲しいかな2人の休日があまり重ならないから、そうなれば私の行動は家に引きこもるか自転車がメインとなるのであります。それでもこのコロナ禍なので家でヨガマットにセイウチの如く寝転んだままYouTubeを見てはお腹周りダイエットっぽい事をしていますが、無様な腹筋具合はせいぜい日向ぼっこするセイウチが必死にお腹の上で貝を割るラッコに変身したくらいのものです。私のシックスパッドは豚の角煮みたいな分厚い脂肪に過保護に包まれていて、そのお姿を見せてくれませんので。でも今夏前にはウエディングフォトを撮りたいから夫婦で日々頑張っていますよ。継続は力なり、今はセイウチとラッコの中間でも数ヵ月後には伊勢海老みたいな活きの良いプリップリでキレッキレな腹筋を披露してやります。

f:id:kitobee:20210116155801j:plain
こんな感じで妻とヨガマットに転がりながら貝打つラッコになっています。ディーラーへ行く度にこのヴィショーネぬいぐるみが欲しくて欲しくて悶えていますが、意外と良いお値段で未だに購入に踏み切れません。

 …なんか話がえらい勢いで脱線した気もしますが、とにかく4Cを箱替えするかセカンドカーでも持たない限りは自転車が悪天候のお供であり続けます。いや、4Cを仮に箱替えしても来るクルマは間違いなくクセの強いやつだから結局は条件の整った日にしか出さないかな。そして機械いじりが苦手な私にとって自転車のメンテナンスも結構大変なので、そろそろ諦めてメンテナンス本を探して来ようと思います。タイヤの空気入れやチェーンの注油くらいは出来ても変速機の分解とかは超絶難しそうですし…。昔っから何かを分解すれば組み上げた際に必ずネジやらナットやらが1つ以上余る困ったちゃんとは私のことです。

 いやね、久しぶりに駄文をダラダラと綴っているのはコロナでお出掛けも出来ないし、これと言ってネタも無いんだけど先日購入したBluetoothキーボードがすこぶるタイピングしやすいから嬉しくてってことと、実は並行して4Cネタのブログも編集しているけれどもまだ写真が撮れておらず、そのためだけに4Cをガレージから引っ張り出すのも面倒だなって怠惰な理由なんですけどね。鬼滅の刃を映画館で見たいんだけどなぁ、そうそうエヴァンゲリオンも公開再延期になっちゃいましたよね。せめて桜が咲く頃までに近場へのお出掛けくらいは不自由無く出来る世の中へと戻っていて欲しいものですね。

定期的に出てくるこの意味も無いグダグダなエントリー、また私の駄文に付き合って下さい(笑)


おしまい。