30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【Alfa Romeo】 4C ガラスコーティングへ旅立ち

 我が家の4Cは昨年にKeeperで簡易的なコーティングを施工していますが、その際は下地処理の無いお手軽コースであったことと、如何せん当時はアパートの日当たり抜群な青空駐車であったが故に恐ろしい程のウォータースポットやボディカバーが風で何万回とシコシコ擦れた傷が入っていたので今回は奮発して専門店でガラスコーティングをお願いする決心をしました。

f:id:kitobee:20210213215544j:plain
蛍光灯の映り込みが激しく鈍い…

昨年後半からは念願の新居でインナーガレージ保管となり、趣味車において最高の環境を手に入れまして。それと同時にガレージ天井に埋め込まれた蛍光灯で4Cをイヤらしく照らすと、冗談では無く沢尻エリカもビックリなヒョウ柄の水染みでボディ全体が覆われています。もうズブの素人の洗車でどうにかなるレベルを何光年前に通りすぎてしまい果たして染みが取れるのかって不安になるくらい。これまた私見ではありますがアルファロメオ4Cは近年稀に見るライトウェイトとエロい造形美を得るためボディが非金属で形成されており、触った感じも明らかに「柔らかい」ことから傷が入りやすくて染みも付着しやすそうです。しかもボディカラーが「洗車する毎に磨き傷が増える」と揶揄されるネロ(ブラック)とあれば尚更でしょう。本音を言えばこの染みや傷が軽微であればガラスコーティングに拘らず愛情を込めてシュアラスターワックスでも洗車の際に塗り塗りしてあげても良いくらいだけど...。

f:id:kitobee:20210213215652j:plain
ボソボソですね、これでは美しいデザインの魅力が半減してしまいます。

 そしてKeeperを施工して1年、あくまで私個人の意見としては費用対効果が思った程は見られなかった事由もあって、今回はコーティング専門店を探すことに。普段から色々なお店のブログを拝見しており、もちろんお店の謳い文句が素晴らしい所は施工料金も素晴らしい訳です...まあ私はそこまでギンギラギンのトゥルントゥルンにしたいかと言われれば、コーティング層の厚みよりは下地をしっかり処理してもらって後は毎年メンテナンスに出してケアしたいタイプなので予算は並にしておきたいなと。

f:id:kitobee:20210213215759j:plain
一番悲惨なのはルーフで、もう傷で白っぽくなっています。

そんな中で隣県で気になっていたお店が1月限定で施工費半額フェア&ホイールコート1,000円/本を実施していて相当悩みました。ただこのコロナ禍で緊急事態宣言が以前にも増して高らかと叫ばれている中、そこまで出向くのも気が引けてしまい結局は県内のお店へ入庫です。コーティング店としては30年以上の実績がある様子でまずは安心だろうと決めました、気になるお値段もガラスコーティングとしてはかなり良心的です。むしろ安すぎて何処までキレイになるかと逆に心配はしていますが(笑)

こちらのお店、コーティングのメニューが大まかに3種類ありまして、当初は松竹梅で言うと竹コースをお願いしていました。松は塗膜がごっつう厚い多層コート、竹はG'zoxのコーティング、梅はこちらのお店オリジナルのコーティングとなります。竹と梅の間で施工金額が約25,000円異なりまして違いを聞いてみましたところ、竹コースは所謂コーティングメーカーのコーティング剤で施工し、更にボディ上面(ボンネット、ルーフ、トランク)は厚めにコーティングを施して焼き付け硬化をする。またメーカーのメンテナンスキットが付属するから自身で必要に応じて洗車の際にメンテナンスが出来る。もう一方の梅はボディ上面の多層コート及び焼き付けが無くてメンテナンスキットも付属しない。その差が金額に出ているのだとか。

じゃあ梅はダメなのかと聞いてみたら、実は梅コースの方がお勧めであると意外なアドバイスを貰えました。何故かと言えば竹と梅で光沢に明確な差が出るかと言えば実際はそこまででも無く、私みたいな室内保管が可能な環境であれば(洗車回数が少ない、ボディへのダメージが少ない)梅でもう十分である。またG'zoxは水弾きが抜群に素晴らしいけれども、その水の粒立ちの良さが仇となって夏場などに水滴が残った状態で太陽に浴びてしまうと強烈なレンズ効果で直ぐ様それがウォータースポットとなって逆にボディに負担がかかってしまうそうです。洗車であればしっかり水気を飛ばすけれど、炎天下に出先で夕立に遭ってそれが乾いてしまうと悲惨らしい…。
そして決め手となったのが施工料金の差額25,000円をここで浮かせておけば、そのお金で2~3年後にフルメンテナンスが行える事でした。竹コースではメンテナンスキットが付属するも洗車傷までは消せない、でも梅コースなら浮かせたお金で数年後に再入庫してボディ全体を洗車のプロがリフレッシュして傷消しもしてくれる…それなら梅コースが好都合ですよね:-)
こんな所をアドバイスしていただけて、更に信頼度が高まりました♪

f:id:kitobee:20210213215855j:plain
楽しい代車がやって来ました♪

 で、代車はピッカピカの三菱iさん。もうかなり昔のモデルだけれども当時から独創的なデザインだったから今見ても全く古さを感じさせないナイスなクルマであります。タイヤを四隅ギリギリに配置したロングホイールベース、またホイールが当時にしては大きめな15インチであるために伸びやかなアーチで綺麗なラインを描いています、流石に走りはモッサリ気味ではありますが、軽すぎるくらいに回るハンドルとソファの様なシートの座り心地、さらにミッドシップで4Cの50倍は乗り心地が良いのです。何よりも代車がキレイって点が嬉しくて室内も埃1つ落ちていません、ディーラーの代車でももっとくたびれているし傷だらけですからね。

f:id:kitobee:20210213215929j:plain
無機質な景色に艶やかな白いボディが映えます:-)

仕上がりは翌週末なので4Cとはしばしのお別れでありますが、仕上がりがとーっても楽しみで昨年末の車検&タイヤ交換から我が愛車に愛情をたくさん注入している気がして嬉しいものです。昨年に訪問したマセラティのディーラーから超極上のクワトロポルテが入庫したとの連絡をいただいて気持ちが揺らぎかけたけれど、まだまだ4Cとの蜜月は続きそうです。


おしまい。