30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【アジア旅行】 東南アジア弾丸旅行

 やっとの思いで取得出来た夏季休暇で東南アジアをホッピングツアーに出掛けました。本当はもっと色々と書きたいけれど年末へ向けて予定が満載、仕事も多忙につきダイジェストで備忘録を残します。

【期間】10月16日~20日
【行程】名古屋→バンコクホーチミン市台北那覇→名古屋
【メンバー】一般庶民独身1名(一人旅)
【ルール】貧乏旅行でも貪欲にピリオドの向こうへ
【言語】適当かついい加減な英語


【10月16日】

NGO → BKK
JAL エコノミークラス(JAL CARDマイレージ使用)

f:id:kitobee:20191029083305j:plain
機内ではCAさんから旅の記念にとA350のモデルプレーン(主翼にコメント付き)をいただきました♪
いきなりのサプライズプレゼントで幸先良い旅の出だしです:-)

f:id:kitobee:20191029083421j:plain
機内食はチキンかビーフで後者をチョイス、でもいつも和食は個人的にあまり口に合わない…飲み慣れないワインで顔は真っ赤のベロベロに、その後はアルコールのお陰で頻尿天国orz

f:id:kitobee:20191029083609j:plain
機材はB787、サンシェードの代わりに液晶で窓の色が変わるの日除けが備わります。写真で撮るならホワイトバランスを調整しないと黄ばんだ映りになります。

f:id:kitobee:20191029083700j:plain
センターの方は日本語ペラペラなタイ人クルーさんです:-)
流石はレガシーキャリア、細かな気配りのおもてなしで快適なフライトとなりました。

f:id:kitobee:20191029083823j:plain
タイの空港にはいつも華やかな花が生けられていて癒されます。四季折々の日本でもやって欲しいな。

f:id:kitobee:20191029083929j:plain
ナナ駅の階段から撮った1枚、バンコクのこんな雑多な雰囲気が好き。

f:id:kitobee:20191029084004j:plain
ショップあり、レストランあり、マッサージにゴーゴーバーなどなど、なんでもありな混沌とした欲望の街。

f:id:kitobee:20191029084119j:plain
いつもの名も無きレストランで一人飯。決して衛生的でもお洒落でも無いけれど何故かここが落ち着くし大好き。

f:id:kitobee:20191029084256j:plain
爆音とネオンでモデファイされたトゥクトゥクバンコクの象徴の一つ、でもボッタクリ価格だから私は乗りません。見てるだけ。

f:id:kitobee:20191029084419j:plain
こうして初日の夜は更けていくのでした。


【10月17日】

 唯一この日は24時間ステイになり引き続きバンコクでユルい時間を過ごします。日中は太陽から逃げるようにカフェなどに籠り、夕方から重い腰を上げて行動開始。マッサージでリフレッシュし、今日もまた例のレストランへ。

f:id:kitobee:20191029084658j:plain
みんなが注目しているこのレストランの主力メニュー、独りではかなり量が多かったけれど注目してみた焼き魚。
結果だけ言えば実はもう注文しないかな…なんの魚か分からず、しかも何となく水っぽい身で本当に中までしっかり火が通っているのか不安になりながら食べたわけで。

f:id:kitobee:20191029084807j:plain
それでも気分を良くしてチキンサティとシンハービールを追加注文して自分へのご褒美と乾杯、その後はもちろん千鳥足。

f:id:kitobee:20191029084904j:plain
店の前ではこんな感じで食材が並んでいます。多分、一定の確率で食あたりはあると思われ…。

f:id:kitobee:20191029085004j:plain
この七輪でガンガン海鮮を焼いて「良い匂い」の煙で客寄せするわけです。

カフェや夜の街をぶらついて翌朝のフライトに向けてエネルギーチャージ完了。


【10月18日】

BKK → SGN
VIETJET AIR エコノミークラス

f:id:kitobee:20191030080703j:plain
ベトジェットはベトナムLCCで日本にも就航便があります。基本的に陽気でユルい感じなコンセプトはセブパシフィックにも似ています:-)

f:id:kitobee:20191030080844j:plain
手荷物にはこのタグが付けられます、翌日これで残念な事になります…。

f:id:kitobee:20191030081010j:plain
東南アジアらしい雲の真横をすり抜けて、ものの80分くらいでタイからベトナムへと移動出来ました。

f:id:kitobee:20191030081112j:plain
CAさんに「記念に写真撮らせてちょ」とお願いしたところ、わざわざ機内マイクでCAさん全員集合してくれました。皆さんの笑顔が素敵すぎます。

 空港を出るとタクシーの客引きがすごいですけど、そこは華麗に笑顔でスルーして市バスで市街地へと向かいます。「109系統」のバスチケットを購入してからドライバーに降りるバス停を告げれば、あとは車内で随時案内してくれます。私は終点まで乗りました。

f:id:kitobee:20191030081432j:plain
40分ほど乗って20,000ドン。日本円にして100円くらい。

f:id:kitobee:20191030081545j:plain
多分バイク&バス専用レーンなのでしょう。

f:id:kitobee:20191030081638j:plain
程無くして大渋滞にハマりますが、これがベトナムの日常であります。ひっきりなしに鳴り響くクラクションまでが異国の雰囲気として感じ取れます。

f:id:kitobee:20191030081742j:plain
ホテルでは象のタオルがお出迎えしてくれまして…

f:id:kitobee:20191030081820j:plain
無料アップグレードで独りなのに3人部屋にしてもらました(笑)

f:id:kitobee:20191030081916j:plain
シャワーでリフレッシュしてから街を散策です。この通りはホーチミン市の歓楽街でして、夜は歩く度にビールやらマッサージやらとお姉さんに勧誘されます。バックパッカーが集いますため多国籍で楽しいのです。

f:id:kitobee:20191030082202j:plain
縦横無尽に走り回るバイクを避けつつ異国情緒を堪能して…と言えば聞こえは良いですが

f:id:kitobee:20191030082327j:plain
ただ市場前にあるレートの良い両替所へ行きたかっただけです(笑)
日本で両替するよりマシとは言えど空港の両替所ではあまりレートが良くないです、また気を付けないとただでさえ大きな通貨単位と、お札の見た目がどれも似ているから外国人は特に誤魔化されることがあるみたいです。

f:id:kitobee:20191030084252j:plain
バイク天国とはこの事です。ベトナムではバイクのことをメーカー問わず「ホンダ」と呼びます。たとえヤマハでもスズキでも「ホンダ」なのです。

f:id:kitobee:20191030084442j:plain
市場では食料、衣料、土産から食事まで何でもあります。

f:id:kitobee:20191030084600j:plain
もう目も当てられないカオスと化した街中の交差点。ここを徒歩で渡るのには相当の度胸とテクニックを要しましたよ。

f:id:kitobee:20191030084717j:plain
やっとのことでブンチャー(ベトナムのつけ麺でハノイ発祥)のお店に辿り着きまして

f:id:kitobee:20191030084806j:plain
美味しいご飯にありつけました:-)
麺は米粉で出来ていてとってもヘルシーです。替え玉を追加オーダーしちゃいました。春巻きもこのスープに浸していただくのがベトナム流。

f:id:kitobee:20191030084920j:plain
ベトナムの友人が強く勧めてくれたサイゴンビアグリーンラベル。確かに飲みやすかったです、そして今日もまた千鳥足確定。

 ここからはバイタク(ベトナムではGrabBikeがバスやタクシー以上に一般的で便利です)でちょこちょこと出掛けてみたり、ベトナムの友人から妹の誕生日パーティーしてるから遊びに来なよと突然のお誘いを受けたため初めてベトナムのお宅訪問となりました:-)

f:id:kitobee:20191030215811j:plain
暖かい歓迎に感謝感激。こちらの美人姉妹とは今年の春先に日本でお会いしています。

帰り道はまたバイタク、途中で70km/hくらいで爆走されて恐怖のあまり涙と鼻水が空を舞いました…。


【10月19日】

 ホテルを8時半くらいにチェックアウトして、向かうはフォーの美味しいレストラン。昨夜の友人がオススメするお店であります。

f:id:kitobee:20191030220127j:plain
のんびりと休日の市街地をバイタクで駆け抜けてやって来ました。空港のすぐ近くで、この周辺にはフォーのお店が多々並んでいます。

f:id:kitobee:20191030220248j:plain
ベトナムでは朝食から外食をすることが割と一般的みたいです。ベトナム料理全般が野菜いっぱいでとてもヘルシーですから食べやすく味もとても良いですよ。

 食後は私の飛行機の時間まで付き合ってもらえて、ベトナムに居るのにベトナムコーヒーではなくタピオカティーを飲んだりしてあっという間にお別れの時間となりました。

f:id:kitobee:20191030220537j:plain
またいつか何処かでの再会を約束してチェックイン。

SGN → TPE
VIETJET AIR エコノミークラス

f:id:kitobee:20191030220747j:plain
LCCは沖停めがデフォルトで、バスで機体まで移動します。巨大な飛行機の真横を通る度にテンションアップ。ただここで私の手荷物がまさかの1kgオーバーで追加料金を約5,000円取られて超ショック。
チェックインカウンターでは何も言われなかったのに…。いま思えば着替えを捨てて軽量化すれば良かった、全部ユニクロの着古したヤツだったんだし…。

f:id:kitobee:20191030221025j:plain
すっかり乗り慣れた感のするベトジェット。ここでは後方ドアも開けて前後から搭乗可能でした、乗降の時短には効果的なアイディアであります。

と言っても既に定刻から40分遅れだったんですけどね、LCCに定時出発を期待しちゃダメです。

f:id:kitobee:20191030221231j:plain
事前オーダーで機内食を頼んでおきました。ワクワクして蓋をめくれば

f:id:kitobee:20191030221319j:plain
どう頑張っても写真映えゼロな惨劇がコンニチワ。でも味は良かったです:-)

飛行時間がそれなりにあって、私の周りは全て空席だったことも手伝い結構な時間を寝ながら移動しました。台北には30分遅れくらいで着陸。

f:id:kitobee:20191030221520j:plain
キャプテンの粋な計らいでコックピットに招待されました♪
本当に感激な体験です、今日ではテロなどの関係でほとんどコックピットへの立ち入りは禁止になっていますから。
この日はコパイの卒検みたいなフライトだったそうです、確かにコパイの方は2本ラインですね。無事に合格していることを願います。キャプテンは飛行機大好きでスポッターもされていまして、Nikonの600mmを振り回しておられるのだとか。日本の百里小松基地にも行かれていて、自前のiPadで素晴らしい写真の数々を見せてくれました。

f:id:kitobee:20191030224233j:plain
レガシーキャリアの細やかなサービスを求める方には不向きでしょうが、私はこのLCCならではのフレンドリーさが大好きです。

f:id:kitobee:20191030224349j:plain
と言うわけでやって来ました台湾。いきなりゆるキャラっぽい肉類持ち込み禁止のステッカーに出会いまして。

実は台湾での滞在時間は14時間弱、しかも翌日は早朝便なので宿は取らずに空港野宿にしました。そして台湾の桃園国際空港の素晴らしいところはなんとラウンジ以外でシャワーブースがあるのです。入国には預入荷物が出てくるターンテーブルのフロアにあります。まずはそこでリフレッシュして、空港内のコインロッカーに荷物を入れてMRTで一気に台北市内へ。

f:id:kitobee:20191030231249j:plain
目指したのは士林夜市、活気のあるナイトマーケットで私のお気に入りスポットです。生憎の雨模様だったけれどそんなことはお構い無しで溢れんばかりの人混みです。

f:id:kitobee:20191030231429j:plain
夕飯代わりに大判フライドチキンを頬張ります、特製スパイスを振り掛けてくれて揚げたてジューシーなお肉にかぶり付くのです(笑)

f:id:kitobee:20191030231559j:plain
流石はXXLサイズと書くだけあり、とにかく大きい。でもペロッと食べきれてしまう美味しさなのです。それでいてお値段は70元(約250円)也。このお店はこの士林夜市の他、台北駅内にも出店している様子なので是非ともお試しあれ。

f:id:kitobee:20191031073644j:plain
市場奥にある寺院でお参りをした後は

f:id:kitobee:20191031073758j:plain
年甲斐も無く射的や金魚すくい的なゲームの屋台で遊び…

23時くらいに台北駅へと戻って来ました。空港行きのMRT最終が23時発でもう間に合わないことから、駅近にある牛肉麺を堪能しに軽くウォーキングです。事前に調べた情報ではそんなに遠くないはず。

…くそぅ、遠かったorz

駅からのんびりとは言え20分は歩いたでしょうか。やっと着いたこのお店は24時間営業の人気店で夜中でも満席な盛況ぶりです。しかも若い女性が多い。繰り返します、若い女性が多い(笑)

f:id:kitobee:20191031074400j:plain
入口のドアにはミシュラン2018のステッカーが貼られていたことから味にもかなり期待出来そう。

ただ問題は観光エリアから若干外れるがためにメニューから注文まで基本的に英語や日本語が一切無く、ただ待っているだけでは永遠に牛肉麺にありつけません。私は幸いにもスタッフの1名が簡単な英語でやりとり出来たから助かったけれども必要ならばメモに「牛肉麺(中)」などと書いて見せると簡単かもしれません。

f:id:kitobee:20191031074902j:plain
こちらが中サイズの牛肉麺。見た目以上のボリュームで大サイズは完食が難しいサイズかもしれません。ホロホロになるまで煮込んだお肉は絶妙で、スープは若干漢方みたいな味。もしかしたら八角とか入っていたのかな?
これで105元(約380円)だからお得すぎます。サイドメニューも充実していたし、敢えて小サイズと小皿でも良いかもです。

この辺りは牛肉麺エリアで、似たお店が軒を連ねていました。どこに入っても美味しそう。

f:id:kitobee:20191031075255j:plain

f:id:kitobee:20191031075316j:plain
暖簾分けをしたのか、似た名前が多かった。

食べたからにはまた駅まで戻らなければいけません。とぼとぼ20分かけて歩きましたさ。

f:id:kitobee:20191031075501j:plain
どの国で見かけてもオールドミニは景色に溶け込んで似合っています。

f:id:kitobee:20191031075555j:plain
ビートルは立派な付けマツゲでメイクアップされています、実はこれストレッチリムジンに改造されています。

f:id:kitobee:20191031075720j:plain
真夜中の台北駅はマルチカラーにライトアップしています。とても立派な建造物で台北のランドマークの1つですね。

f:id:kitobee:20191031075855j:plain
駅舎内はタイル張りになっていて、日中は大勢の利用客が床に座っています。日本では考えづらいけれど床にあぐらをかいて休息するのがこの台北駅の名物でもあります。行かれた際はお試し下さい:-)

 空港までは深夜でも空港バスが台北駅横のターミナルから30分間隔くらいで運行されています、座席リクライニングやUSBポート完備でかなり快適です、MRTよりオススメなくらい。

空港では多くのベンチが開放されていて私のような宿無しハッチが早朝便のチェックインを待っています。ここでフラットソファの一角を確保して4時間程の仮眠を取りました。


【10月20日

 寒い…寒い寒い寒い。
亜熱帯で温暖な気候の台湾で桃園国際空港は大サービスでガンガンに冷房をかけてくれまして身体の芯まで冷えて強制的に起床。長袖のパーカーを着ていたのにですよ。

これはたまらんと早々にチェックインカウンターへ向かうもまだ早すぎてスタッフすらおらず。でも預入荷物が無ければ端末でチェックイン出来ることが分かり、速攻で済ませてイミグレーションを通過。先に入国時にシャワーがあると書きましたが、出国後にもシャワーブースがあるのです。場所は3階のフードコート横です。これで身体を解凍してやっと生き返りました。

f:id:kitobee:20191031081132j:plain
台湾の熊とコラボしたくまモン

さてさて、この台湾トランジットの目的は夜市でも牛肉麺でも無くそれらは全てオプションであります。本当の目的はこのB747でした。

f:id:kitobee:20191031081344j:plain
通称ジャンボジェット。日本ではめっきり見かけなくなり、世界中でもB747-400はどんどん退役しています。恐らく遠くない将来には絶滅することでしょう。

日本路線で気軽に乗れるのがこのチャイナエアライン台北~沖縄線です。これも来年にはA350に置き換え予定ですから私にとっては謂わば最後のチャンスでした。

TPE → OKA
CHINA AIRLINE エコノミークラス

f:id:kitobee:20191031081647j:plain
ん…エコノミークラスなのになんで?

f:id:kitobee:20191031081808j:plain
そう、この路線は予約次第ではエコノミークラス料金で2階のビジネスシートに乗れてしまいます。これを狙ったのです。窓3つ分のスペースなんて、短足の私はどれだけ足を伸ばしてもまだまだ足元に余裕があります。

f:id:kitobee:20191031082006j:plain
2階席なのでおのずと視点も高くなります。B777でも小さく見えるほどでして早朝からテンションMAX:-)

大型機独特のゆったりした離陸から一路沖縄へ。飛行時間が60分足らずでも軽食サービスをいただけました。

f:id:kitobee:20191031082234j:plain
五穀米みたいな炊き込みご飯。

f:id:kitobee:20191031082338j:plain
チョコクランチも美味しゅうございました。

f:id:kitobee:20191031082421j:plain
電動シートで遊んでみましたけれど、機能が多くてよく分からずに倒したり起こしたり、それはもうビジネスシート初心者丸出しでした(笑)

本当に飛んだと思ったらもう着陸で名残惜しかったけれども素敵な記念になりました。

f:id:kitobee:20191031082628j:plain
2階を担当されたCAさん。

年内になんとかもう1回乗れないかな…。

 沖縄は残念ながら台風接近で大雨となりました。トランジットは5時間なので空港内でのんびり過ごすか迷ったものの、機内で隣に座った沖縄の方から首里城を強く勧められたのでモノレールで行ってみることに。なんとこの日はモノレール延伸記念で全線無料サービスを実施していて超ラッキー。

f:id:kitobee:20191031082943j:plain
首里城と言うか沖縄自体が高校の修学旅行以来で20年振りです。雨でも来て良かった。

f:id:kitobee:20191031083046j:plain
あまりの大雨で全身びしょ濡れになり、本殿の見学はキャンセルしましたが雰囲気だけでも味わえました。
※このブログを作成している10月31日、首里城が全焼してしまう悲惨なニュースが早朝に飛び込んで参りました…。言葉にならないショックと共に、沖縄県民の皆様の心中お察しします。早期の原因究明と復興をお祈りします。※

時間が押して空港へとんぼ返り、駅まで乗ったタクシーでは運ちゃんから観光ネタなどいただいたので次回はもっと沖縄で観光時間を設けよう。

f:id:kitobee:20191031083435j:plain
沖縄そばオリオンビールで私の弾丸旅行はフィナーレへと向かいます。カウンター席で隣に座った女性2名は「マジで」と「ヤバイね」の2フレーズで延々と会話が成立していた事にただただ驚き…日本語って奥が深い。

f:id:kitobee:20191031083806j:plain
雨足はどんどん強まります。

f:id:kitobee:20191031083835j:plain
ゲート前で見つけたANAスターウォーズ特別塗装機。これはカッコいい。

OKA → NGO
ジェットスター エコノミークラス

f:id:kitobee:20191031083741j:plain
最後のフライトは初めて乗ったジェットスター。と言っても疲れで速攻寝落ちしましてセントレアに着陸のショックで目覚めました。

f:id:kitobee:20191031084031j:plain
2019年から運用となったLCC専用第2ターミナルに到着です。

f:id:kitobee:20191031084131j:plain
隣にはお馴染みエアアジア

f:id:kitobee:20191031084203j:plain
キャプテンとCAさん、そしてハロウィンバージョンのマスコットと一緒に:-)


 こうして私の夏季休暇をフル活用した5日間のホッピングツアーは幕を閉じました。これでも旅費は10万円を大きく下回っています。独り旅だからこそ出来るような内容かもしれませんが、欲張ればこれだけ遊べるよって事を少しでもお分かりいただけたら幸いです。アジア圏なら冒険心と最低限の英語力で何とでもなります(悪質なキャッチやスリには注意が必要です)。


次回は何処へ行こうかな、おしまい。