30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

B747 ジャンボジェットの思い出

 日本の空を飛ぶ飛行機は大きく分けて2つ。
ボーイング社かエアバス社の機体であります。
それぞれの大型機として前者はB747、後者はA380
日本ではB747ANAJALのどちらも引退したため
残るは海外エアラインの乗り入れで見れるのみとなりました。

 

 ほんの10年ほど前までは、頻繁に見る事が出来て
特にカメラを向けることもなかったB747でしたが
やはり4発エンジンの巨体を見るとワクワクしたものです。

 

f:id:kitobee:20160716082737j:plain
 今では乗り入れがなくなった、ノースウエストのB747
セントレアに来ていました。
2015年にデルタ航空の名古屋−デトロイト線を最後に、
セントレアからのB747定期便は撤退しています。

 

f:id:kitobee:20160716082949j:plain
 現在、セントレアで見れるB747は、主にこの貨物機。
DREAM LIFTERと名付けられた、特殊なボディの持ち主です。
名古屋圏で製造されたB787のパーツをアメリカの
ボーイング社工場へ輸出するための飛行機でして
不定期運行ながらも目撃率は高いです。
このボディのB747は世界で4機だったかと思います。

 

f:id:kitobee:20160716083219j:plain
 確か2008年頃の1枚です。
この頃のJALはまだまだ勢いがあり、国内線でも
B747を頻繁に使用していました。
名古屋−新千歳の便で乗ったことがありますが
平日だったからか、乗客は50人ほどしかおらず
CAさんに、ほぼつきっきりのサービスを受けた覚えが。

 

f:id:kitobee:20160716083516j:plain
 なつかしのB747ポケモンジェット
大人ながら乗りたかったです。
B767版と2機でオペレートしていたはずですが
やはり人気はこのB747で、デッキから見送っていた
子どもたちも『ジャンボジェット』とあちこちで
歓声をあげていたものです。

 

f:id:kitobee:20160716083736j:plain
 これは羽田空港で2009年に撮影したもの。
バックにある東京ゲートブリッジもまだまだ建設中です。
この僅か数年後にB747ANAから引退するなど
全く予想していませんでした、いくら効率化とは言え
飛行機の代名詞が日本の航空会社から消えてしまった
ショックは大きく、エアラインとしての存在感が
弱まってしまった気が否めません。

 

f:id:kitobee:20160716084046j:plain
 こちらはまだまだ現役の大韓航空B747
大韓航空A380も長距離線にアサインするなど
大型機の使用に積極的なエアラインの1つです。
とは言え、日本線からは減少しつつあるので
一度は乗っておきたい1つでもあります。
近年中にアジア系ではキャセイパシフィックと
チャイナエアラインB747の運用を終了予定ですね。

 

f:id:kitobee:20160716084330j:plain
 最後に、幸運にも2015年に乗ることが出来た
ルフトハンザのB747
本当にラッキーな理由から乗れたので感動も大きく
やはり大型機の安定感、充実した設備などなど
快適な空の旅を楽しめました。
往路でルフトハンザ、復路で共同運行のANA
利用しまして、上で書きましたようにANA
B747の運行を終了しているためにB777での
帰国となりました。
ジャンボジェットに乗りたければ迷わず
ルフトハンザを往復共に選んでください。

 

 次回はいつ乗れるか分からないB747、そして
急速に日本の空から消えつつあるB747
乗れるうちに乗って、撮れるうちに撮って
『飛行機の王様』の記録と記憶を続けたいものです。