30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【Alfa Romeo】 4C 納車後8ヶ月、5,000km走行後のインプレ

 早いような遅いような、アルファロメオ4Cがやって来て8ヶ月の月日が経ちました。専ら限られた週末しか乗れないものの5,000kmを運転して来れた事に驚いています。

 さて、以前にも1,000km走破時にインプレと言う名の講釈を垂れましたが今回もまた偏見の塊とも言える蘊蓄を宣いたいと思います。

f:id:kitobee:20190411081220j:plain

【運転性】
私の手元に来たときはまだ走行距離が2,000kmにも到達しておらず、正直なところクルマ全体が硬かったイメージがあります。現在はアタりが付いたようでエンジンフィール、サスペンションなどが明らかにスムーズになりまして、より一層の人馬一体感が味わえるようになりました。

【積載性】
別に距離が嵩んだからトランクスペースが増えるわけじゃありませんが『何も積まない美学』を学んだ気がします。今までのクルマには洗車セットやら三脚やら、やたらと『使うかもしれないグッズ』を載せていたものが何てことでしょう、4Cだと断捨離を重ねて残ったモノは折り畳み傘のみ(笑)
それでも独り専用マシンなのでスーパーでの買い物などでは助手席にパンパンになったビニール袋4個は楽勝です。

f:id:kitobee:20190411085304j:plain

147やMitoを一緒に持てたらと思うことも。155もいいなとイケない妄想の中では身の程を忘れてしまうこともありましてorz

【注目度】
何故かお年寄りに大人気でして、行く先々で声を掛けられます。クルマ好きだろうと思われる方々からは遠巻きに視線をいただけますが、個人的にウエイトを占めなければならないはずの姫君からは空気のような存在の如くスルーされます。あ、チビッ子から手を振ってもらえることはありますね。
そう言った点から見れば、フェラーリマセラティのように常々ファッションに拘らなくとも普段の足として乗れる優しいクルマです。

【装備】
まあ強いて言えばダッシュボードが本国のようにレザーだったらな…と言った程度で他は概ね割りきっていて満足です。重ステだって実は運転していて不便に思った事は一度たりとも無く、むしろステアリングインフォメーションがバシバシ伝わって来るから運転しやすいです。パワステ故障の心配も無いわけですし。
一度だけ調子コキすぎてタイトコーナー立ち上がりで路肩の濡れ落ち葉に片輪乗せてしまいハーフスピンしかけた際も、MRの割にあっさりすぎるくらい簡単に立ち直り出来ました。まあ電子制御も働いているかと思いますが、逆にパワステだったら下手にハンドル切りすぎてタコ踊りしたかもしれません。

f:id:kitobee:20190411085152j:plain

【楽しみ】
信号だらけの街中を走るだけなら残念ながら4Cの魅力はあまり感じられないでしょう。狭い、五月蝿い、低いだけで行ける先は限られるし、誰も横乗りしてくれないし。
ただワインディングロードへ繰り出せば、これ以上のマシンはそうそう無いです。コンセプト通り走りに特化したセッティングで乗り手のアドレナリンを最後の一滴まで絞り出してくれます(笑)
また、私はこの拙いブログを通じて4Cオーナーの方々と知り合い、時間を共有し、ステキな思い出を作れたことが4C乗りとして何よりの喜びです。

【維持費】
燃費は概ね10km/Lは越えて行きます。
今までの費用は車検除いてオイル交換の¥17,000、デイライト化の¥18,000くらいで至って経済的なクルマです。洗車はGS手洗いで¥1,800程度です。
今後来るであろうタイヤ交換に向けてコツコツ貯金しています。

【今後どうする?】
正直、あまりクルマを必要としない生活の中に身を置いていますため一定の時期を見て売却すると思います。そのタイミングはまだ分からないながら、やはり私以上にクルマを利用するライフスタイルで、セカンドカーを持てない環境であれば4Cは手放しでオススメは出来ません。
段差を乗り越えられずスルーした店舗は数知れず、雨が降れば乗るのを躊躇い、駐車枠に入れてもドアを開けるスペースが足らない、そんな環境に結局は徒歩でのお出かけが増えました。ポジティブに考えれば健康的になったのですが。

f:id:kitobee:20190411085028j:plain

最近はチャリンコも導入して、益々出番の無い4Cです。

こんな感じで4Cオーナーに意外と多い、扱いづらさに嫌になって手放そうと思ったことは一度もありません。
今でさえ滅多に見掛けない4Cですが2020年に生産廃止になれば、現代のクルマで言えば圧倒的に少ない生産台数でSZのようなレア車になりそうですね。


おしまい。

【Alfa Romeo】 4C 桜道

 桜が満開になり、4Cと一緒に写真に収めたい衝動にかられて朝の5時から起きて出掛けました。と言っても近所の堤防ですが(笑)

前日に仕事で午前様に帰宅しながらも起きれるあたり、元気なのか歳をとっただけなのか…。

f:id:kitobee:20190409222850j:plain

ここはサイクリングロード、遊歩道、車道が兼用されている桜並木でして、流石に6時前には人もまばらで人目を気にすること無く撮影に励みました。

f:id:kitobee:20190409221959j:plain

70スープラ乗りの方も撮影をされていました、リトラがカッコいいですね。

f:id:kitobee:20190409222120j:plain

正に満開の日に週末が重なって今年はラッキーでした。黒いボディに桜が映えるか心配でしたけど、良い仕上がりだと自己満足した午前6時半。

f:id:kitobee:20190409222256j:plain

撮影していると年配の方々から声を掛けられる事もあり、一同に「エラい車だね」と興味を持たれていた様子です。まあ滅多に見かけない車種ですし…。
不思議と4Cはお年寄りに人気です(笑)

f:id:kitobee:20190409222507j:plain

今回は忘れずにゾロ目をゲット。
自身がオーナーになって5,000kmを走り、当初と比べてエンジン、サスペンション共に渋さが取れて益々快調になった気がします。

次乗れるのは10連休中かな?
まあ私は休日出勤なので、たまには職場に乗って行こうかな。


おしまい。

【Alfa Romeo】 4C エンジンオイル交換、ジャッキアップポイント確認とチンアナゴ

 殺人的な年度末を乗り切り、4Cが手元に来てから8ヶ月。5,000kmを走ったところでオイル交換のためディーラーへお邪魔しました。この手のクルマは流石に地元の町工場的なお店へは持って行くことが躊躇われるため、保険の意味合いを込めてDのお世話になります。

f:id:kitobee:20190408062053j:plain

フライング4C。
リフトアップするにも車高が低いのでポータブルスロープを4輪に噛ませて、一旦10cmほどフロアに余裕を作ってからリフトのジャッキを入れていました。

ついでに気になっていたジャッキポイントをメカニックの方に教えて貰いました。

後輪側は分かりやすく、剥き出しになっている太いステーに噛ませるそうです。

f:id:kitobee:20190408062419j:plain

初めて見る4Cのお腹。NASAダクトがエンジンルームへ向けて設置されていますね。流石にすさまじくフラットなお腹です。

f:id:kitobee:20190408064437j:plain

前輪側が分かり難く、目安としてはまずサイドにあるジャッキアップポイントを示す矢印のエンボスを探します。(オレンジの丸の所)
そこからジャッキを「後輪のジャッキアップポイントからフロント側に真っ直ぐ辿った辺り」に噛ませるのだそうで。

と言うのも下手にカーボンバスタブにジャッキを噛ますと、自重に耐えれず簡単に割れるんですって。前輪側ジャッキアップポイント内部には骨格が走っているため、そこを狙って噛ませるのです。

…と言っても素人がましてやフロアジャッキを手探りで入れたところで分かりませんね…。しかもポータブルスロープなんて持ち合わせてないですし。知識が無い人がやると確実にカーボンに深刻なダメージを負わせると思います。


で、作業は以外にもオイルを6Lも飲み込んでくれて、フィルター交換無しで¥17,000程かかりました。まあ念願のフロア下も見れたしOKでしょう。

イタ車らしいと言うか、意外なマイナートラブルが1件。

f:id:kitobee:20190408063403j:plain

なんかシガーソケット飛び出しちょる…。特に使った覚えも無いけれど固定している爪が折れているみたい。

f:id:kitobee:20190408063536j:plain

みょ~んと出てきます。

f:id:kitobee:20190408063613j:plain

まるでチンアナゴやん。


こちらはディーラー様の温情でスポンジテープを巻いて固定しておいて貰えました。

肝心のオイル交換後のフィーリングは素人の私には違いが分からず、元々が凶悪なサウンドを奏でている(要はあらゆる面でうるさい)こともあって別段エンジンが静かになった実感もございません。


そう言えば帰り道に、新しくオープンしたポルシェ長久手にもお邪魔しました。かなり大型な店舗でお美しいセールスのお姉さんに相手いただき、911とケイマンを久々に間近で拝めました。やっぱPもいいなぁ。


おしまい。

【ロレックス】 バーゼルワールド2019解禁 GMTマスターⅡ

 ロレックスオタクのみならず、世界中のリストウォッチファンが注目する時計見本市ことバーゼルワールド2019が始まりましたね。

すっかり金欠病で大人しくしている私にとっても情報だけは常に気になるわけでして、指折り数えて解禁日を待っていました。

 前評判ではミルガウスのモデルチェンジがインスタグラム公式動画などから噂されていましたり、エクスプローラー2、GMTマスター2青黒ベゼル(通称:バットマン)、グリーンサブなどの絶版説で中古市場が異常なまでの高騰振りを見せていました。

解禁日すぐにロレックス公式サイトで新作をチェックしてみますと…

f:id:kitobee:20190321141128j:plain

ホワイトゴールド製のケースを採用したヨットマスター
…うん、スルーだな。

f:id:kitobee:20190321141150j:plain

コンビのシード
…まだデカ厚のブームが続くのでしょうか?

f:id:kitobee:20190321141205j:plain

まさかのGMTマスター2青黒ベゼルが新型ムーブメント&ジュビリーブレスを纏ってのマイナーチェンジ
…うわー、異常高騰の中でUSED買った人これ涙目じゃん。

以上。


うーん、なんかこうパッとしない内容でした。ディスコンの噂で高騰しまくった中古相場がどうなるかですね。急いで売りに出すオーナーさんが増えて中古市場在庫が潤って一層の値下がりなんてパターンがあるかもしれません。

 個人的には36mmのデイトジャストとデイデイトを地味に新作リリースに入れて来たあたりは嬉しかったです。手首が細くて貧弱な私にとって36mmは正にジャストサイズなので。

 と、買えもしないモノに講釈を垂れつつ、手首に巻かれた16700GMTマスターを見ながらニヤける春分の日でしたとさ。


おしまい。

【オフ会】 奈良ニュルツーリングご参加ありがとうございました。

 春のツーリングオフ会として企画しました『奈良ニュルツーリング』にご参加いただきました皆様、本日はお疲れ様でした。

桜には早いものの梅が咲き誇る月ヶ瀬湖畔からスタートし、目まぐるしく変化する天候の翻弄されながらも全行程を無事に走破出来たことに感謝します。

f:id:kitobee:20190317182550j:plain

4Cが5台+500Cアバルト1台の計6台。道中は若干の迷子もありましたが、それも含めて楽しいツーリングでした。

f:id:kitobee:20190317182723j:plain

ついに当ブログの集まりに赤の4Cがお目見えしました:-)

f:id:kitobee:20190317182829j:plain

カフェセブンは朝から繁盛していましたね。
いつの日か、ここを4Cで埋め尽くしたいものです(笑)

f:id:kitobee:20190317183010j:plain

月ヶ瀬湖畔は梅の花が咲き乱れ

f:id:kitobee:20190317183045j:plain

高山ダムは濃霧に包まれていました。

f:id:kitobee:20190317183127j:plain

快走路の朝駆けではこんな幻想的な風景に出会いました。

f:id:kitobee:20190317183234j:plain

ブラックの4C2台は黄砂と花粉混じりの雨でヒョウ柄になりましたね。

f:id:kitobee:20190317183333j:plain

奈良ニュルの先導ありがとうございました。途中の豪雨で瞬時にDモードからAモードに入れ替えましたが、それでも途中の川のような路面には焦りました。

f:id:kitobee:20190317183520j:plain

ツーリングの締めはとろけるような伊賀牛のヒレステーキセットです。前回の鰻に続いて素晴らしいお店のチョイスありがとうございました。

f:id:kitobee:20190317183658j:plain

また季節の良い時、もしくは何かのイベント見学の際にでも集まりましょう。今度は撮影班として黒子に徹して、皆さんの走行写真も撮ってみたいです:-)


おしまい。

【お散歩岐阜】 岐阜のマチュピチュ

 またもやネットで見かけた記事に興味を持って前回の『モネの池』に続いてドライブして参りました。

今度は『岐阜のマチュピチュ』であります(笑)

調べてみるとGoogleマップでも検索ヒットしますし、自宅から60分程度とありちょうど良い距離でした。

f:id:kitobee:20190310090328j:plain

道中はかなりの勾配がついた峠道もあり、そこそこ楽しいものでした。

f:id:kitobee:20190310091521j:plain

で、こちらが岐阜のマチュピチュです。
うん、マチュピチュみたいですね、本物は見たこと無いですが。

f:id:kitobee:20190310091614j:plain

この絶景ポイントまでは遊歩道で向かいます。
未舗装かつ急な坂なのでハイキング装備でないと辛いと思います。
ヒールのある靴では絶望的であり、ミニスカートなど履こう日には後続に絶景をお見せしてしまうことになりますので気をつけて下さい。

f:id:kitobee:20190310091852j:plain

あと、素敵な自然に触れあえますがこの時期は花粉がすごそうです。私は幸いにもまだ花粉症デビューしておりません。

f:id:kitobee:20190310092334j:plain

立派な霜柱です、平地では3度くらいでもこちらは0度を気温計が指していますし日陰はもっと低いのでしょう。遠くではウグイスがさえずり、日常を忘れるには本当に良いスポットでした。

f:id:kitobee:20190310092533j:plain

ここは茶畑が広がっていまして、今度はどこかでお茶も飲んでみたいなぁと。

 と言うわけで、岐阜も色々な撮影スポットが点在していることを再認識出来た良い1日でした。


おしまい。

【お散歩岐阜】 モネの池

 前から気になっていたんですよ、モネの池ってスポット。ここは透明度の高い湧水が独特の表情を見せてくれる撮影スポットとして近年とても有名になった場所であります。

実は住まいから70分ほどで辿り着ける上に適度なワインディングも楽しめちゃうかもしれないと思って行って参りました。

f:id:kitobee:20190224223910j:plain

 現地到着は7時くらいだったでしょうか、私の他には誰もおらずモネの池を独り占め(笑)
と言うか山間部なので寒い寒い、身体中が縮む思いです。ここの池は湧水のみで循環しているため、雨が降ってしまうと数日は水面が濁ってしまうようです。この日は幸いにも透明度バッチリでした。

f:id:kitobee:20190224224218j:plain

ここには立派な鯉が住んでいましてインスタ映えする写真が撮れるらしいんですが、冬は寒さでほぼ隠れてしまっているみたい…でも待っていたらたまに姿を見せてくれました。

f:id:kitobee:20190224224353j:plain

季節が良いときには餌まきを1日に数回するそうですが、今は断食の真っ最中。

f:id:kitobee:20190224224503j:plain

この黄金色の鯉は余程の空腹なのか、私を見つけて偉い勢いで泳いで来たかと思えば水面から顔を出して上目遣いしてきましたよ。

 どうやら鯉にお菓子をあげる人が居るみたいで、水面に油が浮いてしまうから禁止ですと警告があります。鯉もそう言ったお菓子に味をしめているのでしょうね。でも、どんなに良い写真を撮りたくても餌付けはダメですよ。鯉の健康にも良くないです。

f:id:kitobee:20190225064815j:plain

光線具合や角度で全く違った写真が撮れるのも面白かったですね、蓮のシーズン6月~7月なので再訪したいものです。周辺には無料駐車場も用意されています。

f:id:kitobee:20190224224950j:plain

明け方に露出補正をかけたらこんな風にも撮れました:-)

 ちなみに横には神社もありますのでお参り出来ることや、もう少し走れば温泉もあるようです。今回は時間が早すぎたためにモネの池のみで帰って来ました。

f:id:kitobee:20190224225219j:plain

どこか可愛げがあった狛犬の親子。

帰り道では豚コレラの消毒液を大量に路面に散布する給水車の真後ろについてしまって悲鳴を上げたオチ付きでしたが、ドライブには良いコースでした。


おしまい。