読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【日々徒然】 夢散りて

 実は2月末から個人的ながら公私共に精神的ダメージが積み重なりまして…このGWは文字通りの療養期間となりそうなわけです。ええ、単刀直入に申しますと7年間お付き合いして結婚まであと少しかなと思っていましたパートナーと、最後の最後で価値観の違いからお別れすることになりました。物事をストレートに言って来る性格の持ち主で私はそれをむしろ好んでいたのですが、金銭面のことで私の収入と貯蓄に不満を露呈されてしまったのです。1馬力でも夫婦としてごく平均的な暮らしをするには何とかなるくらいのお給料を貰えていると説得するも話は平行線を辿り、ならばもっとお金持ちを探して下さいと身を引いた訳です。いやぁ正直悲しいです、結婚や新生活に向けて普段は節約に節約を重ねて自炊はもちろんのこと雑誌や衣類などの必需品以外の品物は極力我慢していたけれど、収入なんてそうそう簡単に変わらないですから。

 そんな訳で、しばらくは独身を…いやもうこうなったら独身を貫いて好きなように人生設計しようかと考えてみる今日この頃。

f:id:kitobee:20170429104013j:plain

 とりあえず旅行でも行こうかな…。ここは韓国でホテル代を浮かしてカジノで夜通しルーレットでもと思うも情勢悪化でとても行く気になれない、ならば去年の旅行で好印象だった台湾なんてどうでしょう。とりあえずananの特集が台湾だったから購入、表紙もお気に入りなのは内緒です。もしくは会社にタイ航空の優待が来ていたから微笑みの国までひとっ飛びでも悪く無い。いやいや、まだ行ったことのないベトナムアオザイでも拝みつつ露店でフォーに舌鼓ってのも魅力的です。寂しいかな有休があまり取れない環境のため、候補はどれもアジア圏ばかり。

f:id:kitobee:20170429104517j:plain

 GWの特別セールとかでBMWからDMが参りました。頼んでもいない見積書が同封されていて、これまた頼んでもいない車種に頼んでもいないオプションまで付けられて総額530諭吉。うーん、特別値引きで100諭吉をさっ引いても3シリーズは新型なわけでもないから個人的にお得感は薄いかな。

f:id:kitobee:20170429104829j:plain

 そうそう、ちょっと油断した隙に土鳩がベランダに巣を作りまして、気付いた時には巣にエッグまでオプション装備されていましたorz
知りませんでしたが、エッグを置かれてしまうと保護法によって素人は許可無く撤去出来ないそうです。専門業者に『駆除』を依頼することになるのですが、まあ…それもまた気の毒かと、こいつを幸せの青い鳥だと思って暖かい目で見る事に…ってめっちゃ威嚇されてるし。私は知りませんでしたがエッグを暖めるのはメスだけではなく、夫婦で交互に行うのです。

f:id:kitobee:20170429105209j:plain

 で、エッグからヒナが孵りました。親鳥が出かけた隙に見てみたら一丁前にクチバシをカチカチと鳴らして威嚇して来ます。さっさと大きくなって無事に巣立ってくれよと。

f:id:kitobee:20170429105359j:plain

 と言うわけで、今からちょっと出掛けて参ります。結婚へ向けて貯めた諭吉さんの一部を浄化する旅に出ます。うん、我ながら良い言い訳だ。

皆さんも良いGWを。

【ロレックス】 16700GMTマスターの裏蓋シールを剥がしてみる

※作業はあくまで自己責任でお願い致します。万が一のトラブルがありましても責任は負いかねます※

 購入時から貼られたままだった裏蓋のホログラムシール。
特に気にすることもなく、むしろ購入時の状態を保ったままだと喜んでいました。ただ、この裏蓋シールが原因でステンレスでも錆が発生することがあると言う記事を目にしたことで、夏が来て汗などでトラブルの原因を作る前に除去することにしました。

f:id:kitobee:20170423221047j:plain

 上の画像にあります緑の部分が裏蓋シールと呼ばれるもの。ホログラムと共に王冠マークと型番(この場合は16700)と記載されているのです。このシールと裏蓋の間に長年の汗や湿気が入ることで錆に強いステンレスであっても腐食してしまう可能性があるのだそうです。

 思い切って除去するにあたり、用意するものは以下の通り。

f:id:kitobee:20170423221023j:plain

①消毒用エタノール(マニキュアの除光液などでも対応出来るようです)

f:id:kitobee:20170423221110j:plain

②綿棒

f:id:kitobee:20170423221128j:plain

③保存袋

 私はこの3点と作業用の当て布を用意して取りかかりました。このシールは粘着力が意外と強いみたいでして、無理に爪で全て剥がそうとすれば本体に思わぬ傷を作ってしまう心配があります。そのためアルコール系の液体で徐々に攻めるのが結果的に安全かつ最速の道となるわけです。

※いま一度ですが、作業はあくまで自己責任でお願い致します。万が一のトラブルがありましても責任は負いかねます※

f:id:kitobee:20170423221432j:plain

 始めは爪で剥がすきっかけを作ってやります。そうすると程なくして表面のシート(王冠と型番が記載されたもの)が全体的に剥離します。

f:id:kitobee:20170423221628j:plain

 こんな感じ。
要するに、裏蓋シールは表面から順番に型番記載のシート、緑色のゴム、裏蓋と接着している糊みたいな3層になっております。なので、ここからエタノールを緑の素材に染み込ませて徐々に粘着部分を剥がして行きます。

f:id:kitobee:20170423221841j:plain

 綿棒で全体的にエタノールを染み込ませ…

f:id:kitobee:20170423221925j:plain

 数分置いてから綿棒で優しく拭うと、このように緑色の部分と接着面が少しずつ除去出来ます。この際、机の上には必ず当て布を敷いてあげて時計本体を守って下さい。作業に熱中すると知らぬ間に力が加わり、うっかり机と時計が擦れ合って傷を作ってしまったらショックで魂が口から抜けてしまいます。

f:id:kitobee:20170423222429j:plain

 段々と取れて来ました。なんか肌の角質をケアしているような気分になって来ますね。

f:id:kitobee:20170423222454j:plain

 あと一歩です。ヘアラインに沿って綿棒を動かしてやると良いかと思います。

f:id:kitobee:20170423222513j:plain

 奇麗に取れました。ここまでの作業時間はおよそ20分です。
アルコール分は揮発するので問題無いとは思いますが、最後に布で奇麗に拭き取ってあげましょう。

f:id:kitobee:20170423222621j:plain

 任務遂行してくれた綿棒たち。

f:id:kitobee:20170423222646j:plain

 ゴミと分かっていながらも捨てられずに保存袋に入れてキープすることにしたシールの一部。コレクター魂ってやつです…。

f:id:kitobee:20170423222747j:plain

 幸いにも不安だった裏蓋の腐食も全く問題無く、これからはガンガン使って行ける状態になりました。まさに17年越しで一皮ムケてオトナになった我がGMTマスターなのでした。

 おしまい。

【ロレックス】 16613が欲しい病

 腕時計は男の趣味とは良く言ったものでして、全く持って『時計欲しい病』患者の立派なエクスキューズだと私自身も思っております。腕に装着出来る時計の数など限りがあるのに、次から次へと新しい時計への憧れと言う名の煩悩が出て参りまして…それも困ったことに気になるモノは現行モデルよりも絶版モデル。

 私が手にしている16700GMTマスターもここ数年の値上がり率が恐ろしいように、他の5桁モデルも同様に販売価格は右肩上がりとなっています。今まであまり人気モデルではなかったExplorer2におきましても、ここ半年余りで価格帯がグッと押し上げられました。総じてスポーツ系のモデルがどんどん高嶺の花になりつつあります。

 そんな中で私が気になって仕方が無いのが16613サブマリーナ、通称青サブです。
元々このモデル自体、相当な昔から個人的に魅力的な1本でした。GMTマスターを手に入れる時にも最後まで候補として残っていましたし、10年前にミルガウスを購入した際も16610LVと16613が頭の中をグルグルと回っていました。

f:id:kitobee:20170422111632j:plain


 私自身がそこまで時計に詳しいわけでも無いため、ほとんどが雑誌からの情報やインターネットからの知識となってしまいますが、この16613の初期モデルには経年劣化で文字盤が青から紫に変色したものがあることを最近知りました。

f:id:kitobee:20170422111617j:plain

 めっちゃ紫ですね…これが個人的にメガヒットなわけです。特定の工場で一定期間のみ生産された文字盤がこのような変色を起こすのだそうです。年代で行くと1990年から1994年あたりが該当するとのことで、元々が市場にあまり出回らない程の本数なのだとか。使用環境にもよりますため個体差が大きい事はもちろんですけど、噂によると特に1993年〜1994年モデルが最も濃い紫になりやすいみたい。

① 角度によって紫に見える
② 全体的に明るい紫に見える
③ 全体的に濃い紫に見える

の3パターンに分類され、特に③に関してはパチもんかと思うくらいに紫になっている画像を見つけました。

f:id:kitobee:20170422112205j:plain

もうグレープジュースみたいな…果汁グミグレープ味みたいな…めっちゃ素敵です。
ebayで見ると、同じような変色具合なものが出品されていまして、値段はG/B無しで800,000円前後。日本よりも若干安い程度でしょうか。それでも日本市場での16613の価格もこの2年足らずで多くて150,000〜200,000円くらいのあり得ない値上がりをしているため、この先数年でこの16613バイオレットも1,000,000円の大台に乗って来るのかと勝手に予想しながらソワソワしています。

f:id:kitobee:20170422112608j:plain

これがebayで出品されていた16613。私には真贋を見極める能力など備わっていないため、こんな高額商品を海外から購入する勇気はございませんが、本当に魅力的な色合いに仕上がっておりますね。

 もちろん簡単に買える代物ではありませんが、日々節約に励みながらいつかは手に入れようと当面の目標にしてみることにします。

※今回のエントリーに使用しました画像は全てネット上から拝借しました。

【W210メンテナンス】 メルセデスベンツEクラスの燃費

f:id:kitobee:20170319205056j:plain


 今までの車歴(R33スカイラインGTS-t、R34スカイラインGT-Rボルボ850T-5)でも給油した際のレシートを保管してまとめていたことを思い出して、2015年7月末から所有していますメルセデスベンツEクラスの現在までの燃費をまとめてみました。

2015年の燃費がこちら

f:id:kitobee:20170319205224j:plain

2016年の燃費はこちら

f:id:kitobee:20170319205240j:plain

2017年の燃費(3月19日現在)はこちら

f:id:kitobee:20170319205320j:plain

 私の乗り方としては極めて近距離の通勤と買い物、片道60km程度の実家への往復と稀にドライブに利用するくらいです。エアコンは夏と冬のみ使用していましてガソリンの銘柄はENEOSと決めています。

 総合的に見ますと大体リッターあたり8〜9kmを走行していますね。16年落ちかつ3,200ccある排気量の割には悪くないかと思います。R34スカイラインGT-Rなんかはリッターあたり5kmくらいしか走らなかったことを思えば十分な数値が出ていました。

 W210は歴代のメルセデスベンツの中でも故障率が低いと言われていまして(特に後期型)、ランニングコストも外車の割にはお手軽でオススメです。

おしまい。

【W210メンテナンス】 YANASEでスモールランプ交換をしてみた

 数日前にメーター内へランプが切れたと警告が出ました。ヘッドライトが切れたかと内心かなり焦りましたが、幸いにも切れたのはスモールランプの方だったので週末にディーラーで交換してもらうことにしていました。と言うのも、先にエントリーした『メンテナンスA』の警告もついでに消してもらおうと軽い気持ちでYANASEへ出向いたわけなのですが。

f:id:kitobee:20170313225902j:plain

 


 たかだかスモールランプの交換だったこともあって特に電話で予約することもなくお店へ行きまして、待ち受けていた店員さんに用件を伝えた上で入店。お店は決算セールと重なって大繁盛しておりまして、私も商談用のテーブルをお借りして作業を待つことに。メンテナンスリセットに関しては9,000円もかかることから即却下し、ランプ交換のみをお願いしました。

f:id:kitobee:20170313225932j:plain


アイスコーヒーを飲みながら待つも、どうやらピットが混んでいるようで30分ほどかかったでしょうか。手持ち無沙汰だったこともあって目の前に展示されていたマイナーチェンジ後のCクラスを舐めるように眺めておりました。

f:id:kitobee:20170313224059j:plain

正直、CとEの見分けが正面からだと未だによく分かりません。ともあれ個人的には好きなデザインです。商談用テーブルは来店者で埋め尽くされていまして、聞こえてくる会話では納期とか値引きとか下取りとか具体的なやりとりがここそこでされているあたり、やはり景気が良くなってきているのですかね。

f:id:kitobee:20170313224526j:plain

恐らくフルオプション状態だと思われる展示車。プライスタグも先日見積もった718ケイマンと似たような価格(700万円弱)を掲げていましたよ。

f:id:kitobee:20170313224646j:plain

マイナーチェンジ前とどのあたりが異なるのかよく分かりませんが、元々洗練されたデザインなだけに完成度が高いです。

f:id:kitobee:20170313224810j:plain

整流効果も期待出来るエアロなのでしょうね。超ローアングルからカメラを構える私の姿はひどく滑稽だったことでしょう。

f:id:kitobee:20170313224929j:plain

AMGを纏っています、ツライチ具合も素敵でした。

f:id:kitobee:20170313225052j:plain

うーん、でもC200に700万弱はさすがに高い…リセールを考えても718ケイマンがいいな…


 サービス担当の方が作業終了後に請求書と共に現れました。お値段は3,800円也。
…正直驚きました。いやいやいや、ディーラーの仕事が高いのは十分承知ですけど、たかだかスモールランプ1個の交換でバルブが1,300円、工賃が2,500円とは想像していなかったのです。これでうっかりメンテナンスリセットまで値段も聞かずにお願いしていたりしたら10,000円を軽く超える出費になるところでした。次回からは間違い無くバルブを通販ででも購入して自分で交換します。本当に専門知識や工具無しでは対処出来ないところはディーラーでお願いするとして、このような簡単な部分はやはりDIYすることが一般市民平民が外車を持つ上で重要なポイントなんだと良い勉強となりました。

f:id:kitobee:20170313225714j:plain

まあ、喫茶店の代わりにディーラーでアイスコーヒーを飲み、雑誌を買う代わりにCクラスのカタログをいただき、我が子を正規販売店でメンテナンスしたと言う自己満足を得られたと言うことで。

おしまい。

【W210メンテナンス】 メンテナンスA(及びB)リセット方法

 私のW210に限らず、オンボードコンピューターが実装されているメルセデスは前回のメンテナンスから15,000kmの走行もしくは1年が経過した時点で以下のような警告がエンジンをかける度に点灯します。

f:id:kitobee:20170313214914j:plain

 私の場合は距離ではなく経過日数での警告だったため10日前からカウントダウンが始まりまして、当日を超えたらこのように『○ニチ ヲ コエマシタ』と一生懸命アピールしてくれました。こうなったら一般的にはディーラーなどへ持って行って定期点検を受けるわけですが、私は特に1年点検に拘りが無いがために『とりあえずディーラーへ持って行って警告だけリセットしてもらおう』と軽い気持ちで居ました。

が、ヤナセで告げられたお値段はナント9,000円。
サービスの担当さん曰く、別にこれが点灯したからと言ってクルマに問題があるわけでは無い。リセットをかけてもまた一定期間経てば点灯する。リセットをかけるには機械に当てるため9,000円かかる。と驚愕の見積り。一般市民平民な私は『じゃあ、いいです。』と返答するのに3秒とかかりませんでした。

 今の時代はインターネットの普及で本当に便利になりました。諸先輩のDIYを参考に自分でリセットをかけることにします。実際に私のこのエントリーを参考にリセットをかけようと思う方はくれぐれも自己責任で行って下さい。また、メルセデスケアが残っていたりしますと自分でリセットをかけたら保証対象外になるようです。そして全てをディーラーで任せて整備手帳を記入している方も、これをしてしまうと何かしら不都合が出るかと思われますので確認の上でお願いします。

①まずはキーを差し込んでエンジン始動の一歩手前(2の位置)まで捻ってメーターを表示させる。

f:id:kitobee:20170313220309j:plain

この位置までキーを回せば警告灯などが全て点灯しますね。メーター中央のインフォメーションに走行距離が表示されましたら、ステアリングの↑または↓ボタンでスパナのマークを表示させます。

f:id:kitobee:20170313220445j:plain

これをポチポチ押して…

f:id:kitobee:20170313220525j:plain

このスパナマークを表示させるのです。

②メーターフード左にある『R』ボタンを数秒長押しする。

f:id:kitobee:20170313221614j:plain

これを長押しです。5秒前後でしょうか。

 

f:id:kitobee:20170313220612j:plain

長押ししますと、このようにリセットするかと確認を求めて来ます。本当に自身でリセットして構わなければ、再びリセットボタンを長押しして下さい。

③リセット終了を確認『アト 15000 キロメーター』と出ればOKです。

f:id:kitobee:20170313220721j:plain

メンテナンスAをリセット完了したため、次回のメンテナンスBまでのカウントダウンがこれから始まります。ちなみにディーラーだとメンテナンスAはオイル交換やフィルター交換のことを指し、メンテナンスBは車検のようですね。私のW210はメルセデスケアなんて入っているはずもないですし、基本的なメンテナンスは良くしていただいている工場へ入庫しているためDIYでリセットしました。所要時間は1分くらい、これで9,000円取るとは…さすがディーラーは強気です。

【鉄道】 2017年 春のSL北びわこ号

 JR西日本が管理しています『C56−160』は様々な地域でイベント運行をしていますが、どうやら来年あたりに引退を控えている様子です。と言うのもSLのメンテナンスにはかなりの技術と維持費がかかってしまうこと、ホームグラウンドの山口県では峠越えの路線でSL自身に結構なストレスがかかっていて満身創痍な状態であること、また代替として梅小路にて動体保存されています『D51−200』が本線への登録をかけることから、平成29年度以降の去就が注目されています。

 季節運行されている『SL北びわこ号』にはC56もしくはC57が充当されていますが、基本的には前者がメインとして客車を引っ張っています。この北びわこ号滋賀県米原〜木之本の区間で1日に2本(午前と午後)の便があります。当初は往復で運転していたものの、今はどうやら米原→木之本の旅客扱いのみで木之本→米原においては回送運転になった様子。
また季節運行とは言え1年を通しての運転日数は10日ほどのみとなっています。たまたま出かけた長浜で運転日のことを思い出しまして、また時間もほぼピッタリだったことから入場券を購入してSLを拝んでみることにしました。

f:id:kitobee:20170305160337j:plain

 ホームに降り立ってビックリしたことは意外なまでに『鉄っちゃん』と呼ばれる鉄道ファン(マニア?)が少なかったことでした。それこそ大昔に同じ長浜駅でこのSLを見た時にはホーム上がカオスなくらいにごった返していたのですが…。周りを見渡しても小さな子ども連れの家族がパラパラと見られるくらい、人気が無くなってしまったのでしょうかね。それとも撮り鉄はもっと有名な撮影地に集結していたのかな?上の1枚は出発時のものでして、この後に盛大な汽笛を鳴らしてボシュボシュと動き出しました。

 このSL北びわこ号は他のそれと比較するとあまり煙モクモクを期待出来ないことで有名です。元々、SLって本当に上手い運転をした場合には黒煙はあまり吐かず白煙なのだそうで、黒煙はファンサービスの兼ね合いもあると何かで聞いたことがあります。だから、有名撮影地などでは意図的に煙の量を増やしてくれる運転士もみえるのだとか。逆のパターンだと『煙スカスカ』と呼ばれて撮影者が膝から崩れ落ちるわけです。SLって煙の具合も予想して写真の構図を考えるため、縦構図で構えてSLを待ち構えていたのに煙が無いと寂しく間抜けな写真になってしまうんですよね。

 次回の運転予定日は5月に2回とのこと。SL北びわこ号自体は年に何回か設定があるけれどもC56自体はあと何回、その姿を見せてくれるかが気になるところですね。

 

おしまい。