30代の日々徒然

独身一般市民の備忘録

【Alfa Romeo】 Giuliaがやって来た

 やっとのことで我が家の4Cは車検時にお願いしていたタイヤハウスカバーの交換とデイライト化、TCTの点検に旅立ちました。恐らく私が車検時の不満諸々を漏らしたからか恐縮にも代車がジュリアになっていたので簡単で個人的かつ偏見的なインプレッションを。

f:id:kitobee:20190212062125j:plain

お借りしたのは見た目からしてジュリアスーパーってグレードかと思います。車格ではメルツェデスで言えばCクラス以上Eクラス未満って感じでして私が以前所有していたW210と取り回しが似ています。

 このクルマには2Lエンジンが収められていて8ATでスルスルと滑らかに車速を上げて行くあたり特にストレス無く街乗りも高速も良い仕事をしてくれます。もはや大きい排気量が偉いって考えは過去の遺物ですね、まあ私のような中年には未だに大きい事は良い事だと困った考えが消えませんが…。

ただ、刺激的な走りかと問えば答えはNo。とにかく終始優等生でありワクワクなど高揚する類いの誘惑は一切ございません。むしろフルレザーのインテリアから出る革の匂いとカーマンハードン(でしたっけ?)のサラウンドスピーカーでゆったりとグランドツーリングを堪能するクルマだと感じました。

f:id:kitobee:20190212063124j:plain

じゃあ欲しいかと聞かれれば?
このフルオプションの個体が中古で値段がこなれたら欲しいです。新車でと考えれば私みたいなにわかアルファロメオ好きにはちょっと高過ぎかな…。間違いなく良いクルマだけど、価格帯で他車を見るとあまりにライバルが多いです。

f:id:kitobee:20190212063737j:plain

 それでもクルマとしてはすごく好きです。まあ比較すること自体おかしいものの同じメーカーの4Cとは真逆の性格で運転は正に極楽。低速ではビックリするくらい軽くてヌルヌルなパワステは速度上がるにつれれドッシリした手応えになるし、何より静かな車内でオートエアコンとシートヒーターで完璧な温度を保ちながらプレミアムスピーカーからお気に入りの曲を聞けばそりゃあ快適ですよ。
4Cにはいずれの装備もありませんから(笑)

 やっぱ自分は最後に行き着く所はフェラーリやポルシェじゃなくてセダンなのかなって再考した1日でした。1週間お借りするから、仕事が早く終わればもう少しドライブしてみます。


おしまい。